DNP、デジタルサイネージ用の省エネ対応色調補正器を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


DNP、デジタルサイネージ用の省エネ対応色調補正器を発売


掲載日:2011/06/07


News

 大日本印刷株式会社(DNP)は、ディスプレイの明るさ(輝度)を下げて消費電力を抑えても、色のくすみを補正してきれいに見えるデジタルサイネージ用ディスプレイ色調補正器「FANAT COLOR」を6月27日より発売する。

 今回発売される「FANAT COLOR」では、デジタルサイネージのディスプレイの色調を統一し、本物に近い色の再現を行なえるシステム「色調整ボックス」に、輝度を下げた際にも色のコントラストを強調し、色のくすみを補正する機能を付与した。これにより、輝度(電力)を下げても、きれいな色調を表現できる。映像入出力はDVI(対応解像度1920×1080ピクセルまで)。

 デジタルサイネージの消費電力と輝度の関係は、メーカや機種によって異なるが、最大輝度で表示時に230Wの電力を消費するタイプのデジタルサイネージで、輝度を約70%下げて表示した場合、電力を約100Wに削減でき、色調の改善効果が確認された(DNPによる調査で、周囲の明るさは変わらない場合の改善結果)。

 なお価格は、5万円(現地での調整や保守・サポート費用別)となっている。



出荷日・発売日 2011年6月27日 発売
価格 5万円(現地での調整や保守・サポート費用別)

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20034683


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プロジェクター > プロジェクターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ