NTTソフトウェア、短期間・廉価にクラウドとSSOできる製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTTソフトウェア、短期間・廉価にクラウドとSSOできる製品を発売


掲載日:2011/06/07


News

 NTTソフトウェア株式会社は、企業の既存の認証システムと各種クラウドサービスとの認証連携(シングルサインオン:SSO)をより短期間・低コストで行なえる、製品の新バージョン「TrustBind/Federation Manager Version1.5」を7月15日より発売する。

 「TrustBind」は、認証連携方式“SAML2.0”の認定を取得しているほか、OpenIDにも対応している。また、モジュール型の製品構成で、既存システムに組み込んで導入でき、運用管理に大きな影響を与えずにシングルサインオンを導入できる。

 今回の新バージョンでは、標準化された連携インターフェースが提供されることで、企業の既存システムへの改造や運用変更を抑えられるため、導入までの期間を、サービス条件次第で1週間程度まで短縮できる。また、インストール時に必要なミドルウェアやライブラリを製品に同梱することで、インストール作業の手間の削減を図っているため、同社推奨構成でのインストールと初期構築に掛かる時間は半日程度に短縮された。これらにより、システム導入に掛かるコストは、同社推奨構成の場合で半減された。また、技術的にも特別な前提知識がほぼ不要になったため、パッケージライセンスのみ購入しユーザ自身が構築することも可能になった。


出荷日・発売日 2011年7月15日 発売
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

ここまで進化した「セキュアWebゲートウェイ」 知らないと損する8つの特徴 【シマンテック】 AXIOLE 【ネットスプリング】 クラウド利用やリモートワークで高まる内部不正リスク、取るべき対策とは? 【ニッセイ情報テクノロジー】 次世代ファイアウォールの弱点とは? プロキシ技術がいま必要な理由 【シマンテック】 次世代ファイアウォールを補完、Webプロキシで実現する最高度の多層防御とは? 【シマンテック】
認証 認証 認証 認証 認証
ここまで進化した「セキュアWebゲートウェイ」 知らないと損する8つの特徴 LDAP、RADIUS認証プロトコルに対応し、最大2万5000アカウントまでサポートする、ローカルとクラウドの認証を一元化できるアプライアンスサーバ。 クラウド利用やリモートワークで高まる内部不正リスク、取るべき対策とは? 次世代ファイアウォールの弱点とは? プロキシ技術がいま必要な理由 次世代ファイアウォールを補完、Webプロキシで実現する最高度の多層防御とは?

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20034680


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ