東芝、Windows搭載の法人向け11.6型タブレットを受注生産で発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


東芝、Windows搭載の法人向け11.6型タブレットを受注生産で発売


掲載日:2011/06/02


News

 株式会社東芝は、年間25台以上の購入を予定している企業を対象に、Windows搭載の法人向けタブレット「WT310/C」を6月中旬より受注生産で発売する。価格は、オープン価格となっている。

 「WT310/C」は、Windows 7 Professional 32ビット正規版を搭載していて、Windowsプラットフォームの資産をそのまま利用できる。また、11.6インチ大画面液晶には、画面に直接触れて操作できる静電誘導式タッチパネルを採用、打ち合わせやプレゼンテーションなどのビジネス活動をサポートする。

 タブレット用に開発された、低消費電力ながらパフォーマンスに優れたAtomプロセッサZ670を搭載していて、約6時間の長時間駆動を達成しているほか、利用者が内蔵バッテリを交換でき、ラバー仕上げの筺体を採用していて、すべりにくく長時間快適に持ち歩ける。また、HDMI出力端子やUSB2.0、ブリッジメディアスロットなどのインターフェースを搭載しているほか、オプションで市販のキーボードなどを簡単に接続できるポート拡張クレードルも用意されているため、デスクでの作業も快適に行なえる。

 輝度や色を周囲の環境にあわせて自動調節し見やすさを向上する“アダプティブディスプレイ”機能を搭載。また、小型スピーカーで出にくい低域や高域の音を適宜補正し、より原音に近い音質に調整する“オーディオエンハンサー”機能を搭載している。また、BIOS、HDD(SSDをHDDとして認識)、ログインの3つのパスワードを利用した個人認証で、不正アクセスの防止を図れる。めんどうな設定不要で最適化されたecoモードに簡単に切り替えられる“TOSHIBA ecoユーティリティ”を搭載している。



出荷日・発売日 2011年6月中旬 発売
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20034631


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > タブレット > タブレットのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ