TFFフルーク社、光ファイバの障害個所を迅速に特定する機器発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


TFFフルーク社、光ファイバの障害個所を迅速に特定する機器発売


掲載日:2011/06/02


News

 株式会社TFFフルーク社(フルーク・ネットワークス)は、光ファイバの障害個所をボタン操作で迅速に特定できる、携帯型トラブルシューティング・ツール「Fiber QuickMap」を発売した。価格は、1台28万3000円からとなっている。

 「Fiber QuickMap」は、企業内LANなどで使用されているマルチモード光ファイバの接続・破損個所を特定できる。測定距離は最大1500メートル。ユーザが定義できるしきい値に基づいてインシデント(光損失や反射の発生個所)を検出できるため、光ファイバの破損やコネクタ端面の汚れなどによる障害の個所を特定できる。ファイバ・チャネルの片端に接続し、ボタン1つを操作することで、6秒程度でテストを完了できる。測定結果は数値で分かりやすく表示され、OTDR(Optical Time-Domain Reflectometer)のような煩雑な結果解釈は不要。

 耐衝撃吸収型のカバーと安全で握りやすいグリップ構造を採用しているほか、ファイバ・アダプタを保護するエンドキャップ(紛失防止用ひも付)が付いているため、様々な現場で使用できる。

 ファイバ上の光信号を認識するアラート機能を備え、容易にファイバ稼働状況を確認できる。また、チャネルの“マッピング”が可能で、チャネル内のすべてのリンクと接続個所を検証でき、それらの接続性を素早く確認できる。


出荷日・発売日 2011年6月1日 発売
価格 1台:28万3000円〜

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ネットワーク管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ネットワーク管理」関連情報をランダムに表示しています。

「ネットワーク管理」関連の製品

NetCrunch(ネットクランチ) 【情報工房】 次期主流となる「NVMe」――ファブリック展開の本命はファイバーチャネル 【ブロケード コミュニケーションズ システムズ】 検疫ネットワーク・IT機器管理 iNetSecシリーズ 【PFU】 統合ネットワーク管理ツール SolarWinds 【ソーラーウインズ・ジャパン】 Webアクセスシェイパ 【NTTアドバンステクノロジ】
ネットワーク管理 ネットワーク管理 ネットワーク管理 ネットワーク管理 ネットワーク管理
中小規模ネットワーク向けの統合型監視・管理ツール。グラフィカルなインターフェースと直感的な操作方法が特長。エージェントレスなので簡単導入が可能。 次は「NVMe」――ファブリック展開の本命はファイバーチャネル iNetSecは、企業で利用されているPC・スマートデバイスなどの様々なIT機器の把握・不正接続防止・利用者認証・ポリシー徹底によりセキュリティ対策を支援。 ネットワーク、サーバー、仮想化基盤、アプリケーション、ストレージと幅広く対応。階層化されたトポロージマップやトップ10リスト等、問題点や原因箇所を視覚的に表示。 システムの処理性能を上回るアクセス集中をキューイングし、整理することで快適なWeb環境を維持。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20034621


IT・IT製品TOP > 運用管理 > ネットワーク管理 > ネットワーク管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ