SCS、ERP「ProActive E2」のサポート窓口の開始時間を繰り上げ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SCS、ERP「ProActive E2」のサポート窓口の開始時間を繰り上げ


掲載日:2011/06/01


News

 住商情報システム株式会社(SCS)は、今回の震災にともなう節電対策の一環として、サマータイムを適用する企業を支援すべく、ERPパッケージ「ProActive E2」のユーザサポートの窓口“ProActive E2 サービスデスク”のサービス提供開始時間を1時間繰り上げる。

 今回の繰り上げにより、同窓口のサービス提供時間は8時30分から17時30分までになる。対応期間は6月1日から9月30日までだが、今後の電力供給事情やユーザの要望に応じて変更される可能性がある。なお、土日・祝日のサポートについても、ユーザの要望に応じて柔軟に対応する。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ERP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

「ERP」関連の製品

クラウド型 物販・専門店向け総合システム 【E-Mart LINK】 【東計電算】 グローバルの設備も一元管理、次世代のモノづくりを後押しする設備管理・保全術 【インフォアジャパン】 クラウドERPシステム「NetSuite」 【ネットスイート】 無駄な投資なく競争力を強化できる「業種特化型ERP」とは 【日立ソリューションズ】 インテリジェント クラウド ERP Microsoft Dynamics AX 【日本マイクロソフト】
ERP ERP ERP ERP ERP
物販・専門店向け業務に特化したクラウド型ERPシステム。 モノづくりで設備がダウンしてしまったら大きな損害だ。それを回避するために設備資産の管理・保全をする必要があるが、効率的に進めるにはどうすればいいのだろうか。 ERP/財務会計、CRM、Eコマースを含む主要な業務アプリケーションの機能を、統合された1つのクラウドサービスとして提供。 商社・卸業の業績拡大にはERP活用が必須だ。しかし導入に失敗した、運用コストが膨らみ続けたといった経験はないだろうか。業種特化型ERPが従来の課題を解消に導くだろう。 マルチデバイスでどこからでも利用できる、クラウド対応の統合ERPソリューション。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20034591


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ