NETGEAR、ファイル共有に特化した4ベイ1uラックマウントNAS発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NETGEAR、ファイル共有に特化した4ベイ1uラックマウントNAS発売


掲載日:2011/05/31


News

 ネットギアジャパン株式会社は、ファイル共有に特化しコスト削減を図った、4ベイ・1u(高さ44.45mm)ラックマウント型NAS「ReadyNAS 1500」を発売した。1TB×4の「RNRX441E」と、2TB×4の「RNRX442E」が用意されていて、価格はいずれもオープン価格となっている。

 「ReadyNAS 1500」は、Windows Server Active Directoryのサポート、クォータ管理機能、スナップショット機能など、中小規模オフィスでファイルを共有するための機能を備えたエントリーモデル。2つのギガビットイーサネットポートを装備し、フェイルオーバ機能/リンクアグリゲーション機能を備え、冗長性/信頼性を確保できるほか、ジャンボフレームに対応し、高速にアクセスするための帯域確保を図れる。

 ボリューム増設時にデータの再配置・最適化を自動で行なう自動ボリューム拡張機能“X-RAID2”を搭載している。例えば、4台のディスク構成で容量が不足した場合、各ディスクを1台ずつ、より大容量のものと交換することで、簡単に拡張できる。

 災害に備えて使用中の同製品の複製を準備しておく多点オフサイトバックアップソリューション「ReadyNAS Replicate」と、遠隔地のデータセンタに暗号化通信を用いてデータをバックアップできるアドオン「ReadyNAS Vault」が用意されている(いずれも有償。30日間無償試用可能)。

 外出先からもNASに保存した資料を入手できるリモートアクセスツールを備えている。ルータの設定が不要で簡単にセットアップできるほか、ファイル転送は暗号化された通信路で行なわれるためセキュリティを確保できる。

 3年間の無償保証が標準で付帯し、HDDも含むハードウェア故障に対する保証が提供される。


出荷日・発売日 2011年5月27日 発売
価格 オープン価格

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

Amazon S3とAPI互換でハイブリッドに構成できるIBM Cloud Object Storageとは? 【日本アイ・ビー・エム株式会社】 ASUSTOR 企業向けNAS AS7009RDX 【ユニスター】 高速性・信頼性・経済性を追求、高密度SSD対応フラッシュストレージの実力は? 【日本ヒューレット・パッカード+他】 1日当たりのデータ転送量が50TB、Yahoo! JAPANが挑んだ桁外れのバックアップ 【日本アイ・ビー・エム】 ハイブリッド型ストレージ Nimble Storage 【アセンテック】
NAS NAS NAS NAS NAS
Amazon S3とAPI互換でハイブリッドに構成できるIBM Cloud Object Storageとは? エンタープライズ向けに設計された企業用ラックマウントモデルのNAS。ユニスターによるオンサイト・先出しセンドバックなどの保守も。 高速性・信頼性・経済性を追求、高密度SSD対応フラッシュストレージの実力は? 1日当たりのデータ転送量が50TB、Yahoo! JAPANが挑んだ桁外れのバックアップ フラッシュメモリを最適に活用する独自技術「CASL」により高速性とコスト効率を両立するハイブリッド型ストレージ。2010年の発売からわずか3年で世界の1750社が導入。

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20034574


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ