JPNE、NTT東西のNGN利用したIPv6インターネット接続サービス提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


JPNE、NTT東西のNGN利用したIPv6インターネット接続サービス提供


掲載日:2011/05/30


News

 日本ネットワークイネイブラー株式会社(JPNE)は、ISP事業者(インターネットサービスプロバイダ)向けに、NTT東西の次世代ネットワーク(NGN)を利用したIPv6インターネット接続サービス「IPv6インターネット接続」を7月26日より提供する(NTT東西の網内折り返し機能が提供されていることが前提)。

 「IPv6インターネット接続」は、NTT東西が提供するNGNにおいて、ISP事業者向けに“ネイティブ方式”で提供されるIPv6インターネット接続ローミングサービス。JPNEがネットワークの構築・運用を担当することで、高信頼度のネットワークを低コストで利用できるため、ISP事業者はIPv6ネットワークへの投資や管理の負荷軽減を図れ、新規サービスの企画や営業開発に経営リソースを集中できる。

 エンドユーザがIPv6サービスを利用するために必要な、IPv6に対応するキャッシュDNS(ドメイン・ネーム・サーバ)が提供され、DNSSECを利用した高セキュリティ対応や、児童ポルノ規制機能なども提供される予定で、ISP事業者は運用負荷の軽減を図れる。また、サービスオーダシステムは、エンドユーザの回線IDなどの情報だけで開通できるため、ISP事業者とJPNE間で個人情報のやりとりは不要。サービスオーダ受付後、短時間で開通できるため、ISP事業者の開通設定も不要になっている。

 24時間365日の監視を行ない、故障などにも迅速に対応できる体制で運用される。また、ISP事業者との連絡窓口を一元化し、故障時の対処状況の連絡や、エンドユーザからISP事業者への問い合わせに関する調査受付や結果報告、JPNEのネットワークやNGNの計画作業の事前連絡などに加え、ネットワーク運用状況の月報の提供など、ISP事業者と密に情報連携を行なう。

 なお提供料金は、ネットワーク規模などに応じて、ISP事業者ごとに見積りが行なわれる。


出荷日・発売日 −−−
価格 個別見積

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20034570


IT・IT製品TOP > 通信サービス > プロバイダ > プロバイダのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ