日立、サーバブレードハイエンドモデルにXeon E7ファミリー採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日立、サーバブレードハイエンドモデルにXeon E7ファミリー採用


掲載日:2011/05/26


News

 株式会社日立製作所(日立)は、統合サービスプラットフォーム「BladeSymphony」のハイエンドモデル「BS2000」(高性能サーバブレード)にXeonプロセッサE7ファミリーを採用、現行モデルに比べ最大1.3倍の処理性能向上を図るなど強化を行ない、6月30日より提供する。「OSレスモデル」の価格は、190万円からとなっている。

 「BS2000」(高性能サーバブレード)は、XeonプロセッサE7ファミリーを採用したほか、16GBの大容量メモリを採用し、4ブレードSMP(Symmetric Multi Processor)接続時の最大メモリ容量が現行モデル比1.5倍の1.5TBに拡大された。これらにより、データ分析システムや大量データ処理システムなど高い処理性能が求められるシステムの効率的な運用を図れる。

 また同社は、「BS2000」(標準サーバブレード/高性能サーバブレード)に、サーバ装置内にあるデータ伝送路のI/O(データ入出力)バスの障害を検出し、システム全体から障害の切り離しを行なえる“PCIe障害閉塞機能”を追加する。これにより、I/Oバスの障害発生時にシステムの継続稼働を図れる。また、日立サーバ仮想化機構“Virtage”とあわせて利用することで、1台のサーバ装置上に多数の仮想マシンを集約した仮想化環境でもシステムの安定した継続稼働を図れ、システム運用の負担軽減を図れる。


出荷日・発売日 −−−
価格 「OSレスモデル」:190万円〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他サーバー関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他サーバー関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他サーバー関連」関連の製品

監視・ログ管理サーバ GAZERシリーズ 【インフィニコ】 物理サーバの導入に関するアンケート 【ユニアデックス】
その他サーバー関連 その他サーバー関連
記憶装置にフラッシュメモリを使用しディスクレス、ファンレスのスピンドルレス設計で安心の監視・ログ管理サーバ。故障機器を自動認識する「FaultLocator機能」搭載。 抽選で5名様に5000円分商品券★「物理サーバ」関連のアンケート

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20034530


IT・IT製品TOP > サーバー > その他サーバー関連 > その他サーバー関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ