NEC、サービス実行基盤の新製品出荷、Salesforceとの連携機能も

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NEC、サービス実行基盤の新製品出荷、Salesforceとの連携機能も


掲載日:2011/05/26


News

 日本電気株式会社(NEC)は、製品強化を行なったサービス実行基盤ミドルウェア「WebOTX V8.4」を6月13日(予定)より出荷する。

 「WebOTX V8.4」では、社内システムとパブリッククラウドのシームレスな連携を図るため、「WebOTX Enterprise Service Bus」が強化され、株式会社セールスフォース・ドットコムのパブリッククラウド「Salesforce」との連携機能を備えている。「WebOTX V8.4」を導入することで、ERPやメインフレームなどの社内システムと、Salesforceをコーディング不要で連携でき、各システムのデータを相互利用できる。

 アプリケーションサーバ「WebOTX Application Server」は、1台のサーバに同製品をインストールすることで、インストール情報を他のサーバにコピーできる“インポート機能”や、仮想サーバのスケールアウトを自動化する機能を備えていて、2台目以降のサーバの環境設定を簡素化でき、多くの物理サーバや仮想サーバを運用するクラウド事業者などは、インフラ構築・運用時の作業削減を図れる。

 バッチ処理を効率化する「WebOTX Batch Server」が強化され、処理するバッチプログラム(ジョブ)の優先順位を判断して、重要なジョブから順番に処理する機能や、負荷状況に応じて適切なバッチサーバに処理を振り分ける機能を利用することで、大規模バッチ処理を安定的に行なえる。また、ジョブのメモリ使用量や実行時間を監視する機能を搭載。バッチ処理中のメモリ不足や処理の遅延などの兆候を検知し、障害発生を未然に防止できるほか、システムを停止せずにジョブの追加・更新や、設定変更を行なう機能にも対応している。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

「日本電気」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「Webアプリケーションサーバ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「Webアプリケーションサーバ」関連情報をランダムに表示しています。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20034528


IT・IT製品TOP > サーバー > Webアプリケーションサーバ > WebアプリケーションサーバのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ