ローランドdg、小型のメタリックインクジェットプリンタを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ローランドdg、小型のメタリックインクジェットプリンタを発売


掲載日:2011/05/26


News

 ローランド ディー.ジー.株式会社(ローランドdg)は、デスクトップサイズのメタリックシルバーインク搭載型インクジェットプリンタ「VersaSTUDIO BN-20」を6月23日より発売する。価格は、オープン価格となっている。

 「BN-20」は、屋外耐候性に優れた低溶剤インクを採用しながら、幅995mm×奥行き585mm×高さ291mmのコンパクトサイズを達成していて、小規模のグラフィックプリントビジネスに適している。また、少量多品種のオンデマンド印刷に適したスピードと低ランニングコストを備えている。

 A2サイズをトンボ付きで出力できる最大480mmの印刷幅を備え、ロール紙にも対応している。また、印刷用の版が不要で、メタリック印刷を1枚から低コストで印刷でき、簡単な手順で500種類以上のメタリックカラーを印刷できるため、表現力の向上も図れる。

 低溶剤インク「ECO-SOL MAX」を採用していて、写真やポスター向けの専用紙に加え、紙以外に塩ビシートやPETフィルムといった様々なメディアに高品質なカラー印刷を行なえる。特に、金銀などのメタリックカラーを活用した印刷物は、顧客サービスに付加価値を提供できる。また、内蔵カッターで糊付のフィルムを自在にカットできる“カッティング機能”を備え、塩ビシートを使用した切り文字の製作にも利用できる。印刷後にシートを自動でカットする“プリント&カット機能”も搭載しているため、販促用グッズに貼るラベル、モバイル機器などにシールラッピングを施すカスタマイズ用途などに利用できる。

 溶剤インクジェットプリンタ初心者にも配慮した設計を採用していて、付属のソフトウェアでプリンタ本体の設定や管理、印刷の設定を一括して行なえ、ボタン操作で簡単に印刷を行なえる。用紙のセットは、細かい微調整不要で、取り付け時に起こる印刷ズレを軽減でき、様々な幅のロール用紙を手軽にセットできる。インクや廃液タンクもカートリッジタイプなので、取り替えに手間がかからず、メンテナンスもクリーンに行なえる。これらにより、印刷にプロの熟練技術は不要で、簡単にきれいな印刷を行なえるため、担当者への負担軽減も図れる。


出荷日・発売日 2011年6月23日 発売
価格 オープン価格

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20034526


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プリンター > プリンターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ