富士通SSLなど、電源タップ「FX-5204PS」向け電力計測ソフト提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通SSLなど、電源タップ「FX-5204PS」向け電力計測ソフト提供


掲載日:2011/05/26


News

 株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(富士通SSL)は、富士通コンポーネント株式会社と共同で、富士通コンポーネント製の電力センサ内蔵型電源タップ(スマートコンセント)「FX-5204PS」向けの「電力消費量見える化ソフト」を6月20日より提供する。富士通SSLのWebサイトから無償でダウンロードできる。

 「FX-5204PS」は、4口のテーブルタップ型で、コンセント単位で機器の電力消費量を測定できる。今回提供される「電力消費量見える化ソフト」は、PC上で動作する電力消費量計測ソフトウェア。スマートコンセントで計測した電力消費量のデータをPCで簡単に整理し、分かりやすく効果を表示できる。これにより、電力消費のピーク時刻や、電力消費量が多い機器を把握できるため、具体的できめ細かな節電対策を図れる。また、自動的に節電啓発メッセージを表示でき、1人ひとりの主体的な節電活動の啓発を支援する。


出荷日・発売日 −−−
価格 無償

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

「IT資産管理」関連の製品

IT資産管理ソフトSS1<System Support best1> 【ディー・オー・エス】 運用する時間がない……インベントリツール活用の不安を解消できる意外な選択肢 【ディーアールエス】 7500台のPCを常に把握、近鉄グループの旅行会社が実践するIT資産管理術 【ディーアールエス】 ソフトウェアライセンス管理「iTAssetEye」 【NTTテクノクロス】 EOSL後の延命保守、大型ストレージの場合の注意点と対策 【エスエーティ】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
IT機器などの最新情報をリアルタイムに把握・可視化し、資産・セキュリティ・ログの管理を効率化する。新機能のソフトウェア資産管理機能でコンプライアンス強化も支援。 インベントリツール活用でリスク低減&競争力強化まで実現する意外な選択肢 IT資産の管理を統一 7500台のPCの状況を見える化し、業務効率をアップ 保有、申請、利用、監査の4つのフェーズにおいて、ソフトウェアライセンスの適正な管理機能を提供。違反リスクを低減し、監査業務をサポートする。 EOSL後の延命保守、大型ストレージの場合の注意点と対策

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20034508


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ