ブロードリーフ、効率的に内部統制できる情報漏洩対策ソフト発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ブロードリーフ、効率的に内部統制できる情報漏洩対策ソフト発売


掲載日:2011/05/25


News

 株式会社ブロードリーフは、効率的に内部統制を強化できる新製品として、セキュリティポリシーの設定管理や操作ログの収集分析を行なえる情報漏洩対策ソフトウェア「NetSpike」を発売した。

 「NetSpike」では、PCの操作履歴を収集・分析することで、社員のモラル向上や禁止行動の抑止を図れる。シンプルなシステム構成と、同社の全国対応サポートにより、効率的に運用できる。

 社内PC端末にインストールする“Agent”と、同端末から吸い上げた情報を蓄積する“Server”、収集した情報と各クライアントを管理する“Manager”で構成される。“Agent”が吸い上げる社内PCのWeb閲覧履歴やファイル名の変更履歴、各種媒体への書き出し履歴などを“Server”が収集・記録し、“Manager”から監視できる。

 各“Agent”のネットワークアクセス制限や印刷制限、メール送信の制御、メディアへのファイル保存制限などを、“Manager”から簡単に設定できる。更に、ソフトウェアのライセンス管理も“Manager”から効率的に行なえるため、適切なセキュリティ環境を少ない工数で構築/運用できる。

 なお価格は、クライアントPC10台に対応するパッケージで50万円から、保守サービス費用が年間10万円からで、ユーザの要望に沿うパッケージも用意できる。


出荷日・発売日 2011年5月25日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

「IT資産管理」関連の製品

Windows 10にいつ移行すべき? 今知るべきメリットと旧OSを使い続けるリスク 【日本マイクロソフト】 IT資産管理ソフトSS1<System Support best1> 【ディー・オー・エス】 “保守期限切れ”でも機能するなら使う――IT機器の延命が好結果を生む理由 【カーバチュア・ジャパン】 ソフトウェア資産管理ツール「SARMS」 【ARアドバンストテクノロジ】 エンドポイントセキュリティ管理ソリューション ISM CloudOne 【クオリティソフト】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
Windows 10にいつ移行すべき? 今知るべきメリットと旧OSを使い続けるリスク IT機器などの最新情報をリアルタイムに把握・可視化し、資産・セキュリティ・ログの管理を効率化する。新機能のソフトウェア資産管理機能でコンプライアンス強化も支援。 “保守期限切れ”でも機能するなら使う――IT機器の延命が好結果を生む理由 ソフトウェア資産管理ツール。台帳登録された情報とIT資産管理ツールで収集したインベントリ情報を突き合わせ、適正なソフトウェア資産管理を実現する。 自動で管理端末の脆弱性を検知し、マルチデバイスのセキュリティを一元管理するクラウドサービス。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20034496


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ