メディアファイブ、OA機器保守管理代行で5台以下向けプラン新設

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


メディアファイブ、OA機器保守管理代行で5台以下向けプラン新設


掲載日:2011/05/25


News

 メディアファイブ株式会社は、オフィス向けOA機器保守管理代行サービス「Bakoon!!(バクーン)」で、OA機器数5台以下のユーザ向けの「コンパクトプラン」を新設した。

 「Bakoon!!」では、PCやプリンタなどのOA機器をユーザの重要資産として台帳管理し、トラブル発生時には同社のITエンジニアが、専門家の観点から障害対応を実施する。今回新設された「コンパクトプラン」では、同社のITエンジニアが最大月1回の頻度でユーザのオフィスを巡回し、業務を行なうほか、OA機器にまつわる相談に応じる。なお価格は、OA機器が5台までの場合は月額1万5750円で、5台を超える場合は、5台単位ごとに月額5250円の追加料金で対応できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「運用系業務アウトソーシング」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「運用系業務アウトソーシング」関連情報をランダムに表示しています。

「運用系業務アウトソーシング」関連の製品

御社製品の保守サポート、IBMに任せてみませんか? 【日本アイ・ビー・エム】 IT運用をなぜ自動化できないのか? 業務プロセスと解決策とは 【NTTコミュニケーションズ】 マルチベンダーインフラ保守やトラブル対応をまとめて簡単に 【日本アイ・ビー・エム】 事例:マルチベンダー環境のソフトウェア保守一本化メリットとは 【日本アイ・ビー・エム】 高可用性DBを構築――ノウハウ不要で始めるクラウド移行 【クラスメソッド+他】
運用系業務アウトソーシング 運用系業務アウトソーシング 運用系業務アウトソーシング 運用系業務アウトソーシング 運用系業務アウトソーシング
ITベンダーの人手不足解消となるか――保守インフラサービスはどこまでできる? IT運用を自動化できないのはなぜか? 成功に導く業務プロセスの特徴と解決策 インフラ周りは管理も運用も複雑で……ベンダーが混在する環境はどう整理する? 導入したソフトを全部理解して、24時間365日常駐で保守……は無理だから。 あの不動産情報会社がOracle DBからAmazon Auroraへ移行したわけ

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20034488


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 運用系業務アウトソーシング > 運用系業務アウトソーシングのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ