日本HP、「HP ePrint & Share」対応の大判プリンタ2機種を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本HP、「HP ePrint & Share」対応の大判プリンタ2機種を発売


掲載日:2011/05/25


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP)は、大判プリンタのプリントファイルをクラウドを通じて共有できる新ソリューション「HP ePrint & Share」に対応する大判プリンタの新製品として、ダブルロールを標準装備する高生産性モデル「HP Designjet T1300 ePrinter」シリーズと、廉価な「HP Designjet T790 ePrinter」シリーズを5月26日より発売する。

 「T1300」「T790」は、直観的に操作できる4.3インチカラー液晶タッチスクリーンを搭載しているほか、ロール紙交換が容易なトップローディング方式を採用、操作性に優れている。「HP ePrint & Share」のアプリケーションを経由してPDFやJPEG、TIFFなどの対応データをプリンタドライバ不要で印刷できる。更に、プリンタ本体のUSBポートからUSBメモリに保存したファイルを直接プリントできるダイレクトプリント機能を備えている。

 両シリーズとも、PostScriptの画像データをプリントデータに高速展開するハードウェアRIP(ラスター・イメージ・プロセッサ)を内蔵した、PSモデルが用意されていて、PostScriptモデルを使用することで、ファイル共有の主流になっているPDFファイルの大判プリントを高い生産性で利用できる。

 「T1300」シリーズは、複数のジョブや大量・連続プリントに柔軟な対応できるダブルロールを標準装備した、高生産CAD/GIS向けモデル。最大幅44インチ(1118mm)の用紙に対応している。また、「T790」シリーズは、CAD/GIS向けモデルで、24インチ(最大幅610mm)モデルと、44インチモデルが用意されている。


出荷日・発売日 2011年5月26日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20034483


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プリンター > プリンターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ