先端技術研究所、IP地理位置情報データを提供する「Quova」発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


先端技術研究所、IP地理位置情報データを提供する「Quova」発売


掲載日:2011/05/24


News

 有限会社先端技術研究所は、IP地理位置情報データをオンデマンドWebサービスとして提供する、米国Neustar Inc.の「Quova」を発売した。

 「Quova」は、20億のルーティング可能でアドレス可能なIPアドレスを追跡し位置付ける。各IPアドレスに対して、大陸、国、州、市、郵便番号、緯度/経度、接頭/地域コード、時間帯、DMA(視聴率などマーケット調査に使用するエリア区分)コードなど、30項目までの可変なデータアトリビュートを設定できる。ネットワーク接続タイプ、接続速度、ルーティングタイプ、AOLユーザ識別フラグなどのデータアトリビュートも用意されている。ASN(自立したネットワークを識別する番号)、キャリア名、トップレベルドメイン、セコンドレベルドメインなど、各IPアドレスの所有権についての情報も利用できる。

 Webアプリケーションなどを統合するために、2つの方法が用意されている。「QuovaオンデマンドWebサービス」は、SOAPベースのQuovaのIP地理位置情報データを直接Webアプリケーションに容易に統合でき、地理位置情報ベースのビジネスルールを即座に作成できる。社内配備の初期投資や、ダウンロード、インストレーション、保守不要で、「Quova」データを入手でき、緊縮予算または地理位置情報をテストしたい企業に適している。

 大量データのアプリケーションなどの過酷なアプリケーションには、オンサイトの「GeoDirectoryサーバ」が適している。拡張可能で、高い性能を提供し、秒当たり数千のクエリを処理できる。データセンタ内に配備することで、「GeoDirectoryサーバ」のメモリ内DBは、Java、C/C++など様々なクライエント/サーバ(固定接続)APIを経由してアクセスできる。

 「Quova」には、3つのデータエディションが用意されていて、「Bronze」では、IPアドレス、IPルーティングタイプに関する地理情報からWeb訪問者の地理的位置が分かる。「Silver」は、「Bronze」に加え、ISP、ドメインからWeb訪問者のプロフィールが分かり、リピート訪問者の場合、身元や利用パターンも分かる。「Gold」は、「Silver」に加え、「Quova」の「GeoAnonymizer」を利用することで、匿名のWeb訪問者を追跡でき、詐欺対策に使用できる。


出荷日・発売日 発売済
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20034476


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > GPS > GPSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ