東芝等、使用電力をリアルタイムで収集するクラウドサービス発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


東芝等、使用電力をリアルタイムで収集するクラウドサービス発売


掲載日:2011/05/23


News

 株式会社東芝と東芝ソリューション株式会社は、導入が検討されている電力の総量規制対応で、使用電力の抑制を図るために、企業や組織全体の使用電力を自動集計し、リアルタイムで“見える化”する「使用電力見える化クラウドサービス」を、電力使用の大きい大口需要家などを対象に6月中旬より提供する。料金は、1サイトあたり月額3万6000円から(予定)となっている。

 「使用電力見える化クラウドサービス」は、クラウドサービスとして提供されることで、短期間でシステムを導入でき、実績のある監視システムをベースにしているため、高品質で安定したサービスが提供される。

 各拠点の電力使用量を1分〜30分周期で測定し、インターネット経由でデータセンタに送信、自動集計することで、リアルタイムに企業全体での電力の使用状況の“見える化”を行なう。各拠点に電力量計や電力センサ、ゲートウェイなどの計測ユニットを設置することでサービスを利用でき、迅速にサービスを導入できる。また、顧客の施設内の分電盤やコンセント単位の細部の計測を行なえるほか、ビルや工場・各種施設の電気設備と接続した大型の計測まで様々な計測手段が用意されている。

 組織全体から事業場ごと、建屋・フロアごと、設備・機器ごと等のきめ細かな電力の“見える化”を行なうことで、経営者層などの管理者が自ら節電指示や操業計画などの作成を行なえる(エグゼクティブエナジービュー)。詳細な時間間隔での見える化、節電目標設定機能(上限値に近づいた際の自動警報メール送信)などを行なうことで、需要抑制計画の作成を支援する。また、リアルタイムで電力を見える化することで、節電施策の成果検証と即時の節電対応などを支援する。

 今後は、連携するセンサの拡充や、設備機器の監視システムやエネルギー管理システムとの連携、継続的な需要抑制・省エネを行なうためのより高度なエネルギーマネジメントシステムへの拡張などについても対応する予定。


出荷日・発売日 −−−
価格 1サイトあたり月額3万6000円から(予定)

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

「IT資産管理」関連の製品

IT資産管理サービス DREAMS 【ディーアールエス】 統合IT資産管理ツール QND 【クオリティソフト】 クラウド型社内資産管理ソフト Assetment Neo 【アセットメント】 IT資産/セキュリティ統合管理システム ManagementCore 【住友電工システムソリューション】 PC&モバイルセキュリティ維持・管理ソリューション ISM CloudOne 【クオリティソフト】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
IT資産管理に関するコンサルティング・資産の利用状況調査・管理ツールの提供と運用のアウトソーシングなど。PCレンタルを組み合わせた、トータルアウトソーシング。 クライアントPCの現状把握や台帳作成などの基本的な資産管理や、セキュリティ管理、ライセンス管理、PC操作ログ取得、外部メディア制御など、総合的な管理が可能。 クラウド型の社内資産管理ソフト。社内の資産管理台帳を一元化して、常時正確な管理状態を維持。他社のIT資産管理ソフトと連携し、所在不明な機器を把握する。 資産管理からセキュリティ対策、検疫まで1システムで行える統合管理ツール。
ニーズに応じ段階的な導入が可能。IT資産の把握、監視、統制による健全なシステム環境を実現。
自動で管理端末の脆弱性を検知し、マルチデバイスのセキュリティを一元管理するクラウドサービス。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20034458


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ