NTT-SmC、専有リソース型仮想ホスティングサービスを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTT-SmC、専有リソース型仮想ホスティングサービスを提供


掲載日:2011/05/20


News

 NTTスマートコネクト株式会社(NTT-SmC)は、クラウドコンピューティング市場向けに、クラウド型仮想ホスティングサービス「SmartFLEX」を6月1日より提供する。

 「SmartFLEX」は、同社のデータセンタ上にユーザ専用の仮想プラットフォームを構築し、ネットワーク経由で自在に活用できるシステム環境を提供する“専有リソース型仮想ホスティングサービス”。“柔軟性”“可用性”“運用性”を備えていて、適切なシステム環境を構築できる。

 契約した物理リソースの範囲内ならば、ユーザは必要なスペックの仮想サーバをいくつでも作成でき、仮想ネットワークや仮想アプライアンス(オプション)を組み合わせて柔軟に仮想システムを作成・変更できる。また、同社データセンタ内の別システムとの連携や、ユーザが回線を引き込んで別ロケーションのユーザのシステムとの接続も行なえる。システム構築では、パッケージ型でありながら個別システムなみの高い自由度が提供される。

 専有リソース型なので、契約した物理リソースの範囲ならば、追加料金や追加契約不要で、必要な時に必要な仮想サーバの作成やリソース変更を短時間で行なえる。また、システムの拡張が必要な場合は、物理サーバ、物理ストレージを追加(オプション)することで、サービスを停止せずに柔軟にシステムリソースを拡張できる。

 仮想化技術を応用した様々な障害・負荷対策機能が提供され、“ライブマイグレーション機能”では、仮想サーバを稼働させたまま、別の物理サーバ上に、手動に移動できる。“ライブキャパシティ機能”では、一定以上の負荷がかかった場合、仮想サーバを別の物理サーバ上に自動的に移動させることで、システム全体の負荷平準化を図れる。“ハイアベイラビリティ機能”では、物理サーバが停止した場合、仮想サーバを別の物理サーバ上で再起動することで、仮想サーバの継続運用を図れる。

 基本的な仮想サーバの構築から設定変更、バックアップやリソースモニタリングなど、仮想システム全体を専用のコントロールパネルで統合管理できる。また、物理サーバは同社の堅牢なデータセンタ上に構築され、24時間365日での監視体制と障害時の復旧作業が提供されるほか、作成した仮想サーバには監視(Ping監視/ポート監視/リソース監視)機能が標準で提供され、各種監視を同社が代行するサービス(プレミアム監視オプション)も提供される。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ホスティング」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ホスティング」関連情報をランダムに表示しています。

「ホスティング」関連の製品

SPPDレンタルサーバー 専用サーバー 【スタジオマップ】
ホスティング
用途に合わせて選べる全5コースを用意し、最も安価なエントリーコースでも運用保守を任せられるフルマネージドを実現した法人向けレンタルサーバー。Linux/Windows対応。

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20034417


IT・IT製品TOP > データセンター > ホスティング > ホスティングのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ