CA Technologies、利用者の作業を自動で記録する製品などを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


CA Technologies、利用者の作業を自動で記録する製品などを提供


掲載日:2011/05/19
更新日:2011/05/24


News

 CA Technologiesは、アクセス管理ソリューション「CA Access Control Premium Edition」のオプション機能として、利用者の作業を自動で記録する「Session Recording」の提供を開始した。

 「Session Recording」は、セッションのレコーディング/プレイバック機能を備えていて、実際に実施されたオペレーションを事後に確認できる上、レコーディングしたセッションを他のログと合わせて一元管理できる。

 また、「CA Access Control Premium Edition」が持つ、特権ユーザ/共有ユーザIDを必要な時に貸し出す(パスワードを発行する)“パスワード貸出”機能と、今回の「Session Recording」を組み合わせた「特権ID管理自動化パック」を、6月1日より11月30日までの期間限定で提供する。貸し出し申請を自動化でき、作業を効率化できるほか、貸し出し対象者の作業履歴を録画することで、誰が何をしていたかを簡単に把握できる。また、これらの機能が単一の製品で提供されるため、管理コストを削減できる上、期間中に購入することで導入コストを低減できる。


出荷日・発売日 2011年5月17日 出荷
価格 50万円(5ライセンス)、500万円(サイトライセンス)

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

若年顧客を呼び込んだ電子サインシステム「Adobe Sign」 【アドビ システムズ 株式会社】 “情報漏洩体質”と今こそ決別する「データセキュリティ4カ条」 【KDDI】 NeoFace Monitor 【NEC】 知っていますか認証プロトコルの違い? 4種類の特徴と用途 【日本マイクロソフト】 指ハイブリッド認証 【NEC】
認証 認証 認証 認証 認証
「自らを破壊者に」――老舗銀行が新興企業に対抗できた理由とは 情報漏えい対策、内部の対策は後回し? ――データセキュリティの鉄則と秘策 高度な顔認証エンジンで、PC起動時からログアウトまでのPCのセキュリティ確保を行う顔認証PCセキュリティソフトウェア。 知っていますか認証プロトコルの違い? 4種類の特徴と用途 「指紋」と「指静脈」を組み合わせた複合型認証技術。非接触型指ハイブリッドスキャナ、OSログイン用ソフトウェア、アプリケーション組み込み用ソフトウェアなどで構成。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20034396


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ