NTT-IT、機能の拡充と拡張性向上を図った健康管理システムを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTT-IT、機能の拡充と拡張性向上を図った健康管理システムを発売


掲載日:2011/05/18


News

 NTTアイティ株式会社(NTT-IT)は、機能の拡充とシステム拡張性向上を図った「新健康管理システム」を、6月1日より発売する。

 「新健康管理システム」では、保健指導機能の拡充、長時間残業者管理機能の追加、セキュリティの強化、操作性・視認性の向上、稼働環境の整備を行なうことで、健康管理業務の更なる効率を図っているほか、個々人の健康維持・増進の支援を図れる。

 同社の健康管理システム「HELSMEK」と、オムロンソフトウェア株式会社から資産譲渡を受けた健康管理システム「HMS(Health Management System)」それぞれの特長を兼ね備え、新たなプラットフォーム上で稼働する仕組みを採用している。同社の健康管理業務のノウハウや実績を活用し、従来から同様のシステムを利用しているユーザに加え、これから新たに導入を検討するユーザも、長く安定的に利用できる。

 保険指導機能では、安衛法の保健指導と特定保健指導を同一画面で管理でき、指導予定を作成できるため、呼び出し漏れや入力忘れを防止できる。指定した項目のグラフ表示も簡単に行なえる。長時間残業者管理機能では、長時間残業者情報を管理することで疾病予防を行なえる。

 セキュリティの強化では、操作ログや入力データの変更履歴を管理でき、不測の事態への対応を容易に行なえる。操作性・視認性が向上していて、画面分割(2、4分割)でき、複数情報の参照を簡単に行なえる。また、稼働環境が整備され、プラットフォームが統一されたことで、開発期間の短縮(費用圧縮)を図れるほか、リッチクライアントを利用することで、インストールやプログラム更新の自動化を行なえる。

 これらにより、健康管理業務の効率化を図れ、よりきめ細かな対応を行なえるようにすることで、個々人の健康増進を支援する。

 なお価格は、システム構成により異なる。


出荷日・発売日 2011年6月1日 発売
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他基幹系システム関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他基幹系システム関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他基幹系システム関連」関連の製品

MFクラウド経費 【マネーフォワード】 出張手配サービス J'sNAVI Jr. 【JTBビジネストラベルソリューションズ】 見積共有管理 for WEB 【ソフトバンク コマース&サービス】 継続請求管理ロボット「経理のミカタ」 【ソフトバンク コマース&サービス】 固定資産管理ソリューション ProPlus Fixed Assets Suite 【プロシップ】
その他基幹系システム関連 その他基幹系システム関連 その他基幹系システム関連 その他基幹系システム関連 その他基幹系システム関連
カード明細や交通系ICカードの自動読取、レシート入力の自動化などを行えるクラウドの経費精算サービス。スマホにも対応し、経費の登録、申請、承認をアプリで行える。 各企業が利用中のワークフローとシームレスに連携し、出張のチケット手配などを最適化・効率化できるクラウド型サービス。コーポレートカード利用明細データの連携も可能。 Webブラウザで見積書の作成・承認・印刷、そして、会社の見積書共有まで実現し、営業活動の効率化と顧客対応スピードの向上を図る見積書作成システム。 SFA/CRMと会計をつなぎ、請求・集金業務を管理・統合・自動化するRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)。 4100社超の導入実績を誇り、進化し続ける固定資産管理ソリューション。IFRS対応はもちろんキメ細かな固定資産管理を実現。多言語・多通貨にも対応。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20034380


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > その他基幹系システム関連 > その他基幹系システム関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ