サードウェーブ、1uハーフサイズの1wayラックマウントサーバ発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


サードウェーブ、1uハーフサイズの1wayラックマウントサーバ発売


掲載日:2011/05/18


News

 株式会社サードウェーブは、ホスティング/データセンタに適した、1u(高さ44.45mm)ハーフサイズの1wayラックマウントサーバ“ExPrime Server”「R-280-HW」「R-280-VM」を発売した。

 「ExPrime Server R-280」シリーズは、旧「R-200」シリーズの後継機種で、Xeonプロセッサ E3ファミリーに対応している。

 1uハーフサイズながら、旧「R-200」シリーズでも採用していた、全I/Oフロントアクセス、ラック前面/背面の両面搭載に対応できる独自設計の専用シャーシ“アドバンスト・データセンター・デザイン 2.0”(ADD2.0)を継承していて、吸気・排気のエアフローの切替など、様々な環境に適応できる。

 プロセッサは、Xeon E3プロセッサ1200番台から第2世代Core i3プロセッサまで、13種類の中から選択でき、メモリは、最大で32GBまで対応する。システムボードに搭載されたRAID機構を利用することで、ミラーリングのディスク管理が行なえる上、「R-280-HW」は2.5インチ、「R-280-VM」は3.5インチのホットスワップに対応し、SSD、専用RAIDカードを組み合わせたSASディスク、コストパフォーマンスに優れたSATAディスクにも対応している。

 アイドリング時の消費電力は、「R-280-HW」で38W、「R-280-VM」でも47Wで、約30%のパフォーマンス向上を達成している(第1世代CPU搭載製品との比較)。また、ロープロファイルのPCI Expressスロット1基を増設できるほか、高性能RAIDカードやLANカードの追加にも対応する。管理機能も充実していて、同様にオプションのリモートKVMモジュールを利用することで、エンタープライズクラスサーバ管理に求められる、IPMI、SOL、リモートKVMなどを追加できる。

 なお、「ExPrime Server R-280-HW」の価格は、CPUにCore i3-2100プロセッサ(2コア/4スレッド/3.1GHz)、メモリ2GBを搭載し、ディスク非搭載の場合で10万9800円から、「ExPrime Server R-280-VM」は、CPUにCore i3-2100プロセッサ(2コア/4スレッド/3.1GHz)、メモリ2GBを搭載し、ストレージに250GB SATA2 7200rpm×1を搭載した場合で11万5980円から(いずれも税込)となっている。


出荷日・発売日 2011年5月16日 発売
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他サーバー関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他サーバー関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他サーバー関連」関連の製品

物理サーバの導入に関するアンケート 【ユニアデックス】 監視・ログ管理サーバ GAZERシリーズ 【インフィニコ】
その他サーバー関連 その他サーバー関連
抽選で5名様に5000円分商品券★「物理サーバ」関連のアンケート 記憶装置にフラッシュメモリを使用しディスクレス、ファンレスのスピンドルレス設計で安心の監視・ログ管理サーバ。故障機器を自動認識する「FaultLocator機能」搭載。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20034359


IT・IT製品TOP > サーバー > その他サーバー関連 > その他サーバー関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ