アパニ、認証ベースのネットワークセキュリティの新版を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アパニ、認証ベースのネットワークセキュリティの新版を出荷


掲載日:2011/05/17


News

 株式会社アパニ・ネットワークス・ジャパンは、認証ベースのネットワークセキュリティ・ソリューション「EpiForce」の新バージョン「Ver3.8」を出荷した。

 「EpiForce」は、機器認証/ユーザ認証を利用して、ネットワークの論理セグメンテーションと通信データの暗号化を行なえるソフトウェア・パッケージ。特に、仮想マシン/物理マシンが混在する環境やL2フラットな環境で、物理接続やIPアドレスに依存しない論理ゾーニングを提供する。

 今回の新バージョンでは、管理サーバ/管理コンソールのインストレーションが簡素化されたほか、Mac OS X/Red Hat 6/Solaris x86/AIX 7.1対応のエージェントが追加された。また、論理ゾーンのEnable/Disableや、アラートのしきい値設定、アラートのメールでの通知、構成DBの自動バックアップも可能になった。


出荷日・発売日 2011年5月16日 出荷
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

ここまで進化した「セキュアWebゲートウェイ」 知らないと損する8つの特徴 【シマンテック】 FutureNet RA-1200/RA-830 【センチュリー・システムズ】 AXIOLE 【ネットスプリング】 クラウドセキュリティ対策をワークフローで整理、弱点を補完するCASBの使い方 【シマンテック】 カード会員データを強力に保護、「PCI DSS」対応に必須の多要素認証とは? 【ジャパンシステム】
認証 認証 認証 認証 認証
ここまで進化した「セキュアWebゲートウェイ」 知らないと損する8つの特徴 大規模なIP-VPNサービスのRADIUS認証サーバとして利用でき、IEEE802.1X認証にも対応。冗長化構成もサポートした純国産のサーバアプライアンス。 LDAP、RADIUS認証プロトコルに対応し、最大2万5000アカウントまでサポートする、ローカルとクラウドの認証を一元化できるアプライアンスサーバ。 クラウドセキュリティ対策をワークフローで整理、弱点を補完するCASBの使い方 カード会員データを強力に保護、「PCI DSS」対応に必須の多要素認証とは?

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20034351


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ