DNP、低価格で高耐久性のUHF帯ICタグ3タイプを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


DNP、低価格で高耐久性のUHF帯ICタグ3タイプを発売


掲載日:2011/05/16


News

 大日本印刷株式会社(DNP)は、低価格で耐久性の高いプラスチック製のホールド型ICタグ2タイプと、耐水強粘着ICタグラベルの3タイプを開発、8月1日より発売する。

 今回開発された3タイプのICタグは、UHF帯で902〜958MHzの周波数に対応し、通信距離約5メートルで読み取りを行なえる優れた性能を備えている。プラスチック製ホールド型ICタグ(標準タイプ)は、35mm×115mmで、通常のICタグに比べ高い耐久性を備え、パレットやコンテナ、商品にぶら下げられるタイプ。企業などが所有する機器などに装着し、資産管理で使用できるほか、キーホルダーなどに装着して建物の入退場管理に使用できる。

 プラスチック製ホールド型ICタグ(高耐久性タイプ)は、35mm×115mmで、標準タイプに比べ、衝撃や落下、温度などへのより高い耐久性を備えている。外装材を厚くし強度を高め、高い耐熱性の樹脂を使用することで約摂氏180度までの温度に対応でき、レンタル機器など様々な環境で運用される機器類の使用に適している。

 耐水強粘着ICタグラベルは、28mm×100mmで、洗浄などでラベル自体が剥がれたり、ラベル表面に印字された文字が消えることを回避できる、耐水強粘着のラベルタイプ。薄いプラスチックフィルムを使用することで、ラベルタイプながら高い耐水性を備え、強粘着材を使用することで従来のラベルタイプに比べ約10倍(同社比)の粘着強度を備えていて、パレットやコンテナなどの容器に装着して使用できる。

 なお価格は、プラスチック製ホールド型ICタグ(標準タイプ)がロット10万枚で1枚70〜90円、プラスチック製ホールド型ICタグ(高耐久性タイプ)がロット10万枚で1枚80〜100円、耐水強粘着ICタグラベルがロット10万枚で1枚50〜70円となっている。

 今後、機器レンタル業界やパレットやコンテナなどの搬送器具(RTI:Returnable Transport Items)業界など向けに発売する。

  写真:プラスチック製ホールド型ICタグ(標準タイプ)



出荷日・発売日 2011年8月1日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ID管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ID管理」関連情報をランダムに表示しています。

「ID管理」関連の製品

物理、仮想、クラウドで管理者IDが急増――対策すべき5つのリスクとは? 【CA Technologies】 ユーザID所有者見える化ソリューション 「アカンサス」 【NTTテクノクロス】 「内なる脅威」を引き起こしているのは誰か? 実態調査で見えた防衛のポイント 【CyberArk Software】 外部と内部からの高度な攻撃を阻止、攻撃ライフサイクルを遮断するポイントは? 【CyberArk Software】 標的型攻撃対策の要、侵入後に絶対狙われる「特権アカウント」をどう守る? 【エンカレッジ・テクノロジ】
ID管理 ID管理 ID管理 ID管理 ID管理
物理、仮想、クラウドで管理者IDが急増――対策すべき5つのリスクとは? さまざまな情報ソースから「人」と「ID」の情報を収集し、膨大に存在するIDの所有者を明確化・可視化するための統合ID管理ソリューション。 国家だけのリスクではないインサイダー脅威、過去の事件集から対策を解説 会社内部から高度なサイバー攻撃が行われた場合、防ぐ手だてはあるのか? 巧妙化する標的型攻撃への対策は、侵入を前提とした「多層防御」が鍵となる

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20034336


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > ID管理 > ID管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ