提携:ストラタスの無停止型仮想化プラットフォームをSCSが発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:ストラタスの無停止型仮想化プラットフォームをSCSが発売


掲載日:2011/05/13


News

 日本ストラタステクノロジー株式会社(ストラタス)と住商情報システム株式会社(SCS)は販売パートナー契約を締結し、SCSはストラタスの無停止型仮想化プラットフォーム「Stratus Avanceソフトウェア」の販売とサポートを開始する。

 「Stratus Avanceソフトウェア」は、HPやDellのIAサーバに対応しているほか、IBM System x3650 M3対応版も6月16日よりリリースされる。自律連続稼働機能/障害予兆対応機能を備え、自動ライブ・マイグレーションも可能で、可用性向上を図れる。仮想化機能も標準搭載し、サーバ統合によるコスト削減を図れる。

 簡素化された導入・運用手順に加え、シングルシステム・イメージでの一元管理が可能で、使い勝手に優れている。また、共有ディスクなどの追加ハードウェアが不要なほか、導入・運用に高度な技術は不要で、経済性にも優れている。WindowsサーバOSのほか、Red Hat系Linuxにも対応している。

 1システム(サーバ2台)に1ライセンスが必要で、1ライセンスあたりの標準価格は126万6000円(1年間の保守サポート費を含む)となっている。なおSCSでは、サーバ本体も含めたアプライアンス・サーバとしても販売する。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20034297


IT・IT製品TOP > 仮想化 > その他仮想化関連 > その他仮想化関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ