セキュアヴェイル、SaaS型運用監視サービスで使用予測機能を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


セキュアヴェイル、SaaS型運用監視サービスで使用予測機能を提供


掲載日:2011/05/13


News

 株式会社セキュアヴェイルは、SaaS型運用監視サービス「NetStare for SaaS」の新機能として、システムのリソース使用予測を簡易に表示する“リソース天気予報”を5月16日より提供する。

 今回提供される“リソース天気予報”は、追加費用が一切不要ながら、クラウド化されたシステムの将来のリソース使用を予測し、簡易に表示できる。システムのCPUやメモリ、ディスクなどの使用データを数ヵ月間蓄積し、蓄積されたデータに基づいて、将来の使用予測を天気予報になぞらえ分かりやすく表示する。

 CPUやメモリ、HDD、ネットワーク帯域、セッション数などのリソース使用状況を過去の使用実績に基づいて予測、Webポータル上で表示する。予測期間はサービス利用期間に応じて設定できる。また、予測は当日までのリソース使用データに基づいて、毎日自動的に計算され表示される。予測値の計算は、過去6ヵ月内の最古データから現在までの“傾きの平均値”を算出し、直近の監視値を起点に算出される。

 具体的には、1週間後、1ヵ月後、3ヵ月後、6ヵ月後、1年後のリソース使用を“晴れ”“曇り”“雨”のマークで表示し、その予測数値とあわせてユーザに情報提供する。例えば、現在のメモリ使用率は65%だが、過去の推移からみて3ヵ月後には95%の使用が予測される場合、現在の状態は“晴れ”(リソース余裕あり)と表示されるが、3ヵ月後の状態では“雨”(リソース不足)と表示される。

 これにより、クラウドサービスのシステムリソースを過度に購入することを回避でき、計画的にリソースを追加できる。過去のデータに基づいて予測、その必要性を数値で表示できるため、より具体的な投資計画の立案や稟議書の策定を行なえる。

 “リソース天気予報”機能は標準サービスに含まれ、追加費用不要で利用できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他運用管理関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他運用管理関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他運用管理関連」関連の製品

Mac管理ツール 「M2DeployTools」 【三谷商事】 データベース可視化ソリューション MaxGauge(マックスゲージ) 【日本エクセム】
その他運用管理関連 その他運用管理関連
Macの個別設定やイメージ復元、リストアを効率化するツール。Apple製品の取扱いでは25年の実績を持つ三谷商事が独自に開発・提供。 データベースやアプリケーションサーバの詳細な稼働情報、セッション、SQLの実行履歴を可視化できるソフトウェア。すべてのパフォーマンスデータを最小限の負荷で収集。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20034290


IT・IT製品TOP > 運用管理 > その他運用管理関連 > その他運用管理関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ