クォーレスト、多用途で運用できるデスクトップ・ミニサーバ発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


クォーレスト、多用途で運用できるデスクトップ・ミニサーバ発売


掲載日:2011/05/12


News

 株式会社クォーレストは、デスクトップ・ミニサーバ「A52SV1」シリーズを発売した。

 「Qualest A52SV1」シリーズは、512KB×2のL2キャッシュ・メモリを内蔵した1.8GHzデュアルコア・プロセッサIntel Atom D525を搭載した、低消費電力・低騒音デスクトップRAIDサーバで、2本の200ピンSO-DIMMソケットが用意されていて、Windows系・Linux系OSの安定動作を図れる、4GBまでのDDR3-800/1066MHzメイン・メモリを利用できる。

 Intel ICH9R I/Oコントローラ・ハブで管理されるオンボードのSATAポート×6は、コールド・スワップRAID機能をサポートしていて、Windows系OSではRAID 0/1/5/10/JBODで運用でき、Linux系OSではソフトRAID環境で運用できる。また、Intel 82574Lチップによる2系統のGbE LANポートは、柔軟で汎用性に優れたシステム運用を行なえ、ストレージ・プラットフォームとして利用する場合、MPIO機能などを利用した信頼性・耐障害性の向上を図れる。

 3.5インチHDDリムーバブル・キャリアが4台までのSATA/SAS(SASディスクの使用にはSASコントローラカードの追加が必要)ディスクをサポートし、各ドライブのステータスやアクセス状況は、ライト・パイプを利用して各ドライブ・キャリア上に表示される。また、OS起動用の2.5インチディスク1台をマウントするスペースも用意されている。

 「A52SV1/II」シリーズは、オープンフレーム型120W内部電源を装備していて、信頼性が向上している。また、「Qualest A52SV1」シリーズには、機能拡張用のPCI-e×4バスが1本用意されていて、LP仕様のSATA/SASのHBAやRAIDコントローラを併用した、高速化・多機能化・ホットスワップ化を行なえ、小型サーバのほか、IPストレージやDASとして運用できる。MS Home Server用プラットフォームとして、またOpenfilerやFreeNASなどのシェアウェア・ストレージOSや、Windows Share Point Servers(WSS)、Open-E DSS V6などの高機能ストレージOSと組み合わせた、コンパクトなRAIDストレージ・システム用プラットフォームとして利用できる。


出荷日・発売日 発売済
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他サーバー関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他サーバー関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他サーバー関連」関連の製品

監視・ログ管理サーバ GAZERシリーズ 【インフィニコ】 物理サーバの導入に関するアンケート 【ユニアデックス】
その他サーバー関連 その他サーバー関連
記憶装置にフラッシュメモリを使用しディスクレス、ファンレスのスピンドルレス設計で安心の監視・ログ管理サーバ。故障機器を自動認識する「FaultLocator機能」搭載。 抽選で5名様に5000円分商品券★「物理サーバ」関連のアンケート

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20034250


IT・IT製品TOP > サーバー > その他サーバー関連 > その他サーバー関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ