ARK、サーバ仮想化に対応した統合メールセキュリティ製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ARK、サーバ仮想化に対応した統合メールセキュリティ製品を発売


掲載日:2011/05/11


News

 株式会社アーク情報システム(ARK)は、サーバの仮想化に対応した統合メールセキュリティ対策ソリューション「SpamSniper VA(Virtual Appliance)」を5月中旬より発売する。価格は、オープン価格となっている。

 「SpamSniper」は、韓国Jiransoft社が開発し、2バイト系のコード(ひらがなや漢字などのテキスト)に対応している。多層構造のフィルタを使用し、様々な迷惑メールを駆除できるほか、添付ファイルの暗号化や送信メールの待機といった誤送信防止機能を搭載している。今回発売される「SpamSniper VA」は、簡単な操作で短時間でインストールできる。他の仮想化アプリケーションと統合運用でき、運用コストの低減を図れる。


出荷日・発売日 2011年5月中旬 発売
価格 オープン価格

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「メールセキュリティ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「メールセキュリティ」関連情報をランダムに表示しています。

「メールセキュリティ」関連の製品

メール誤送信防止ソリューション「Active! gate」 【クオリティア】 サンドボックスを識別する攻撃をどう検知する? 【シマンテック】 標的型攻撃入口対策ソフト 「CipherCraft/Mail 標的型メール対策」 【エヌ・ティ・ティ・ソフトウェア】 ActSecureクラウドメールセキュリティサービス 【NEC】 標的型攻撃対策・メール無害化ソリューション 【サイバーソリューションズ】
メールセキュリティ メールセキュリティ メールセキュリティ メールセキュリティ メールセキュリティ
上司承認(オプション)を含む7つのアプローチを1つの製品で実現するメール誤送信対策ソフトウェア。アプライアンス版も提供。ユーザがポリシー設定でき運用負荷も軽減。 サンドボックスを識別する攻撃をどう検知する? メール防衛の最前線を解説 受信メールに紛れ込む不審なメールをリアルタイムで検知・隔離し、受信する前に警告を出して注意を促すことで、標的型攻撃を未然に防ぐソフトウェア。 標的型メール攻撃対策やメール誤送信対策、事後調査や監査対応などに有効なメールアーカイブ機能などのセキュリティ対策をクラウド(SaaS型)で提供。最短7日で導入可能。 標的型攻撃を阻止する新たな手法「インターネット分離」と「メールの無害化」。
セキュリティリスクを最小限に抑え、業務効率を損なわないメール無害化ソリューション。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20034227


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > メールセキュリティ > メールセキュリティのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ