NECネクサス、クラウド指向の仮想化ホスティングサービスを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NECネクサス、クラウド指向の仮想化ホスティングサービスを発売


掲載日:2011/05/10


News

 NECネクサソリューションズ株式会社(NECネクサス)は、自社基幹業務システムの運用をネットワークセキュリティを考慮したクラウドに移行したいユーザや、クラウド事業立上げ・公開用Webサーバ立上げを早期に行ないたいユーザ向けに、中堅・中小企業の利用用途に合わせた、クラウド指向の「仮想化ホスティングサービス」を発売する。

 「仮想化ホスティングサービス」は、堅牢なNECデータセンタ上に構築されているITリソースを複数のユーザで共有することで、自社導入に比べ高品質で安価な基盤を提供する。2タイプが提供され、サーバ・リソースを月額料金で利用できる。

 “サーバ・リソースの提供に加え、SI構築やシステム運用も支援するサービス”は、企業内で稼働している基幹業務をクラウド上で稼働させたいというユーザ向けのサービス。“サービス提供準備期間を最大限に短縮したサービス”は、短期間でクラウド事業を立上げたい、公開用Webサーバを稼働させたいユーザ向けのサービス。いずれも、サービスを利用するためのネットワークサービスは、利用者のセキュリティと価格に対する指向性に合わせ、“Internet”“Internetを活用したSSL-VPN”“同社閉域網回線を使用したクラウドアクセスライン”の3種類から選択できる。

 NECグループが所有するデータセンタで稼働していて、365日24時間の管理体制で運用され、設備の堅牢性は阪神淡路大震災クラスの地震下でも通常運転を行なえる。外部からの電源供給が途絶えた場合でも、自家発電装置を利用することで継続稼働を行なえるため、計画停電などにも対応できる。また、サーバ・リソースに加え、システム監視や障害対応などの運用サービスが含まれているため、ユーザのシステム担当者の業務負荷軽減を図れ、より戦略的なIT業務にシフトできる。

 既存システムをそのまま利用でき、システム全体の計画を余裕を持って立案できる。また、個別開発した既存システムをSaaSに移行する際、既存システムをそのまま利用でき、資産を活用できる。NECが提供する「中堅・中小企業向けSaaS型ソリューション」と連携でき、例えば販売管理システムと個別開発した顧客管理システムが稼働している環境では、販売管理システムは同社の「EXPLANNER for SaaS」に移行し、顧客管理システムは仮想化ホスティングを利用することで、従来通りの使い勝手、連携を図れる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ホスティング」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ホスティング」関連情報をランダムに表示しています。

「ホスティング」関連の製品

SPPDレンタルサーバー 専用サーバー 【スタジオマップ】
ホスティング
用途に合わせて選べる全5コースを用意し、最も安価なエントリーコースでも運用保守を任せられるフルマネージドを実現した法人向けレンタルサーバー。Linux/Windows対応。

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20034210


IT・IT製品TOP > データセンター > ホスティング > ホスティングのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ