UBTC、霧状の水でできた空中スクリーンに映像を映せる装置を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


UBTC、霧状の水でできた空中スクリーンに映像を映せる装置を発売


掲載日:2011/05/09


News

 ユニバーサル・ビジネス・テクノロジー株式会社(UBTC)は、プロジェクタから映写されたフルカラーのイメージやビデオ映像を空中に投影する“空中ディスプレイ”「Heliodisplay L90」を発売する。

 「Heliodisplay L90」は、米国IO2 Technology社が開発した装置。霧状に細分化された、サイズ10ミクロン以下の水の粒子が吹き出して、高さ約90インチの空中スクリーンを生成する(室外では利用できない)。JPEG/MOV/Flash/QuickTime/WMV/AVIといった、通常のPCからの映像ソースを使用できる。

 水をタンクに給水し、スイッチを入れたのち、30秒ほどでシステムが動作する。約5リットルの水で12時間稼働する。薬品やガスを使用していないため、環境への影響もなくイベントなどに利用できる。

 なお価格は、485万円(PC/プロジェクタは別途必要)で、レンタルの相談にも対応する。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20034185


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プロジェクター > プロジェクターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ