PCIアイオス、Android対応のシンプルな営業日報サービスを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


PCIアイオス、Android対応のシンプルな営業日報サービスを提供


掲載日:2011/05/06


News

 PCIアイオス株式会社は、企業向けに営業日報をシンプルに共有・管理できるAndroid対応の営業日報システム「BiSmart SFA」を6月(予定)より提供する。

 今回提供される「BiSmart SFA」は、株式会社インタープロが開発したビジネスDBツール「BiSmart」をプラットフォームに、両社で共同開発された。入力は、案件別に時系列で日々の活動を入力する形態を採用していて、閲覧時に、顧客・案件・日別・入力者などの絞込み機能を利用することで、目的に応じて日報を確認できる。

 Androidアプリケーション内にDBを内蔵しているため、3G回線やWi-Fiなどのネットワークがない場合でも、利用できる。クラウドとの同期機能を備えていて、Android側で入力したデータをPCからも同様に閲覧・編集できる。

 契約単位は1管理者アカウント単位で、1管理者あたりの最大ユーザ数は100名まで、最低契約期間は3ヵ月となっている。

 なお価格(予定)は、初期費用が10万円、月額料金が8万円となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「CRM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CRM」関連情報をランダムに表示しています。

「CRM」関連の製品

エース級セールス担当になるための「リレーションシップセリング」活用ガイド 【日本マイクロソフト】 受注率を高めるマーケティング手法「ABM」の第一歩は、名刺データにアリ 【Sansan】 デジタルマーケティングソリューション 【日立ソリューションズ】 徹底解説:CRMから取り組むデータ活用、主要システムとのデータ統合ガイド 【インフォマティカ・ジャパン】 顧客の「快」を最大化、顧客志向に転換する4つのステップとアクションとは? 【アドビ システムズ】
CRM CRM CRM CRM CRM
エース級セールス担当になるための「リレーションシップセリング」活用ガイド 受注率を高めるマーケティング手法「ABM」の第一歩は、名刺データにアリ 顧客の情報、行動データを収集・分析し、それぞれに応じた最適なマーケティングアプローチを行うことで顧客ロイヤルティーの向上を実現する。 徹底解説:CRMから取り組むデータ活用、主要システムとのデータ統合ガイド 顧客の「快」を最大化、顧客志向に転換する4つのステップとアクションとは?

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20034171


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ