IIJ、松江のコンテナ型データセンタでプライベートHaaSを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


IIJ、松江のコンテナ型データセンタでプライベートHaaSを提供


掲載日:2011/04/27


News

 株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)は、同社が企画・開発した外気冷却コンテナユニット「IZmo(イズモ)」を使用したデータセンタ「松江データセンターパーク」を開設し、同データセンタを利用したサービス「IIJ GIOプライベートHaaS(Hardware as a Service)」を提供する。

 「IIJ GIOプライベートHaaS」では、ユーザ固有のIT機器(サーバ、ストレージなど)を「IZmo」に搭載し、ネットワーク接続サービスなどもあわせて、コンテナユニット単位で提供する。大容量の電力を消費するIT機器を東日本圏外に移設でき、東日本の節電対策を支援する。

 IT機器の調達からIZmoへのサーバキッティング作業は、日本電気株式会社/日本ヒューレット・パッカード株式会社/富士通株式会社などの工場で実施され、同データセンタまで運搬される。これにより、短期間で大量のIT機器を提供できるようになり、ユーザによるサーバ設置作業が不要になる上、IT機器の梱包材や、輸送に関わるエネルギーの消費を削減できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「データセンター運用」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「データセンター運用」関連情報をランダムに表示しています。

「データセンター運用」関連の製品

ハイパーコンバージドインフラと自動化で実現する、次世代データセンターの形 【ヴイエムウェア】 データセンター進化の最新アプローチ、仮想化技術をどう活用すべきか? 【ヴイエムウェア】 ビジネスの急速な変化にも対応、次世代型データセンターの構築はどう進める? 【ヴイエムウェア】 ITインフラの仮想化と ITサービスの自動化でビジネスにインパクトを 【ヴイエムウェア】 System Center 2012 【日本マイクロソフト】
データセンター運用 データセンター運用 データセンター運用 データセンター運用 データセンター運用
ハイパーコンバージドインフラと自動化で実現する、次世代データセンターの形 データセンター進化の最新アプローチ、仮想化技術をどう活用すべきか? 次世代型データセンターの構築はどう進める? 柔軟と迅速がキーとなる ITインフラの仮想化とITサービスの自動化でビジネスにインパクトを 従来型サーバー/データセンタ/プライベートクラウド/パブリッククラウド/クライアント・デバイスをカバーする、IT基盤構築と運用のための統合された管理基盤

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20034099


IT・IT製品TOP > データセンター > データセンター運用 > データセンター運用のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ