PSSJ、「レッツノート」向けのHDD遠隔消去サービスを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


PSSJ、「レッツノート」向けのHDD遠隔消去サービスを提供


掲載日:2011/04/25


News

 パナソニック システムソリューションズ ジャパン株式会社(PSSJ)は、「HDD遠隔消去サービス」を5月より提供する。

 「HDD遠隔消去サービス」は、パナソニック製法人向けビジネスモバイルPC「レッツノート」シリーズ向けにワンビ株式会社が開発・販売するデータ消去関連ソフトウェア「トラストデリート」を使用したサービスとして提供される。PCの紛失・盗難時に、電源が入っていない状態でもHDDに保存されている個人情報や機密データなどのデータを遠隔消去でき、情報漏洩のリスク軽減を図れるため、外出先などでPCを利用でき、業務の効率化と生産性の向上を図れる。

 サービス利用者は、最初にソフトウェア(月額利用料金に含む)を対象の「レッツノート」にインストールすることでサービスの利用を開始できる。消去に必要な管理サーバ機器や運用管理は、同社がサービスとして提供する。また、実際の紛失・盗難時には同社が消去指示作業を行なうため、消去指示にかかる人件費やサーバ機器の管理費などの運用コストも削減できる。

 無線WAN内蔵モデルの場合、3Gネットワークを利用した遠隔での消去指示を行なえ、また、圏外時や内蔵通信モジュールを抜かれた状況でも、LAN・無線LANのある環境下でインターネット接続された場合、消去が発動する。PCの電源が入っていない状態でも消去できる。消去中はPCのバックライト・周辺LEDを消灯し、キーボード・タッチパッドなども操作不能になるため、消去作業の中断防止などを図れる。なお消去は、暗号化されたHDDの暗号鍵を消去するものではなく、HDD全体を消去する。消去後、HDDは使用できるものの、メインボードの交換が必要になる。

 消去指示を対象PCが受け取り、消去動作を発動したという証明書を発行できるため、消去の証跡として残せる。また、消去完了の証明書発行も検討(発行開始時期は未定)されている。

 なお1端末あたりの月額利用料(基本料金)は、840円(税込)で、月額利用料にはソフトウェアライセンス費用と同社サービス費用が含まれ、最低契約期間は1年間となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「セキュリティ診断」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「セキュリティ診断」関連情報をランダムに表示しています。

「セキュリティ診断」関連の製品

Webアプリケーション脆弱性検査ツール Vulnerability Explorer 【ユービーセキュア】
セキュリティ診断
Webアプリケーションの検査対象ページを正しく巡回し、脆弱性の診断を行う検査ツール。脆弱性の検出率が高く、目的に応じたきめ細かいレポート出力ができる。

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20034060


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > セキュリティ診断 > セキュリティ診断のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ