内田洋行、EVERNOTE連動で手書き情報を変換・検索できる製品発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


内田洋行、EVERNOTE連動で手書き情報を変換・検索できる製品発売


掲載日:2011/04/21


News

 株式会社内田洋行は、情報共有/コミュニケーション/ディスカッションを支援するために、クラウド・コンピューティングサービスを相互に連携させて、様々なICTシステム上での利便性向上を図る「ウチダ・ビジネス・クラウドサービス」(仮称)の第1弾として、米国エバーノート・コーポレーションが提供するパーソナルクラウドサービス「EVERNOTE」と連動でき、手書きのアナログ情報を検索可能な文字情報に変換・蓄積できるOAボード「書撮りくんEN」を開発、6月20日より発売する。

 「書撮りくんEN」では、接続されたAndroid Tablet上のアイコンボタン(タッチ式)を押すことで、OAボード上に記述されたイメージを、あらかじめ設定されたクラウド上にある「EVERNOTE」内のディスクスペースに即座に格納できる。その過程で、取り込まれたイメージ情報は、株式会社オーリッドのクラウド型デジタイズサービス「O-RID-KYBER」を通じて、テキストデータに変換されて「EVERNOTE」にあわせて格納できる。OAボードとネットワークを介して「EVERNOTE」と「O-RID-KYBER」を連動させることで、イメージデータをクラウド上に格納する上、その情報を自由に検索できるようにすることで利便性の向上を図る。

 同サービスを利用することで、会議や研修、ゼミや研究などでの議事録やノートとして、タブレット端末/スマートフォンなどのデバイスを介して場所を選ばずにOAボードから撮り込まれたイメージデータや変換されたテキストデータを閲覧したり、その情報を編集・加工してプレゼンテーションツールやレポートなどに容易に再利用できる。

 なお、「書撮りくんEN」(Android Tablet、ソフトウェアを含む)の希望小売価格は30万円〜40万円程度を予定しているほか、デジタイズサービスとのセットでは、月額1万円程度(3年リースの場合)を想定している。


出荷日・発売日 2011年6月20日 発売
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PCソフト」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20034005


IT・IT製品TOP > PCソフト > その他PCソフト関連 > その他PCソフト関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ