日本HP、ITの迅速・円滑な移設を支援する「HP移設サービス」提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本HP、ITの迅速・円滑な移設を支援する「HP移設サービス」提供


掲載日:2011/04/21


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP)は、ITの移設を支援する「HP移設サービス」の提供を開始した。

 「HP移設サービス」では、データセンタ移設にともなうIT機器の移動に加え、ITシステム環境の移行も含めた移設プランの策定から移設実働までをカバーし、迅速・円滑なデータセンタの移設を行なう。基本的なIT機器の移動から、ITシステム環境の重要性と業務への影響を考慮した移設プランの策定、更にはマルチベンダ環境での移設実働まで、移設についての様々なニーズをトータルでサポートする。

 サービスメニューとして、大規模データセンタの移設向けの「移設プランニングサービス」と、小規模な移設からからデータセンタ全体を移設するような大規模までの移設実作業を行なう「移設サービス」が用意されているほか、要望に応じて、拡張サービスも提供する。拡張サービスの1つとして、他社製ハードウェアに対応した保守メンテナンスサービス「Integrated Multi Vender Service」を提供する。データセンタ移設・統合後の異機種混在環境で、各ベンダの保守窓口をHPコールセンタに集約するとともに、契約窓口も日本HPに一本化し、障害切分けから修復作業までを一括で対応することで、マルチベンダ環境でのコスト削減を図れる。

 「移設プランニングサービス」では、複雑な工程が必要な移設や、大規模なデータセンタ移設を円滑に実施するための移設プランを策定する。詳細な要件定義や作業分解図の作成を行なうとともに、移設計画書を作成し、安全・効率的な移設サービスの手法を提示する。「移設サービス」では、実際の移設作業を効率化するための作業計画を作成し、作業計画に基づく移設実働を提供する。コンティンジェンシー計画やレビューなど、要求に応じた各種支援も行なう。

 なお価格は、「移設プランニングサービス」が150万円、「移設サービス」が1ラック50万円からとなっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

「日本ヒューレット・パッカード」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「運用系業務アウトソーシング」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「運用系業務アウトソーシング」関連情報をランダムに表示しています。

「運用系業務アウトソーシング」関連の製品

クラウド導入運用サービス For Microsoft Azure 【CTCシステムマネジメント】 クラウドやオープン系の運用監視、手薄な現状と根本的な解決策 【日本アイ・ビー・エム】 ITマネージドサービスで成功するプロバイダー選びの「10の条件」 【日本アイ・ビー・エム】 SAP運用サポート「ASCサービス」 【日鉄日立システムエンジニアリング】
運用系業務アウトソーシング 運用系業務アウトソーシング 運用系業務アウトソーシング 運用系業務アウトソーシング
マイクロソフト社のパブリッククラウド「Microsoft Azure」を活用し、クラウド基盤のシステム構築から、運用・監視まで、移行を含めてワンストップで提供するサービス。 稼働監視が甘くなりがちな業務系や情報系システムをどうするか 情シスには必要不可欠な"ITパートナー選び" 条件ベスト10を公開 SAPの運用保守アウトソーシングサービス。必要工数が1人月未満といった小さなニーズから、システム全般の安定稼働を徹底させるフルサポートまで幅広いメニューを用意。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20034003


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 運用系業務アウトソーシング > 運用系業務アウトソーシングのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ