日本マイクロソフト、クラウドベースのPC管理サービスを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本マイクロソフト、クラウドベースのPC管理サービスを提供


掲載日:2011/04/21


News

 日本マイクロソフト株式会社は、クラウドベースのPCセキュリティ管理ソリューション「Microsoft Windows Intune」の提供を開始した。

 「Windows Intune」は、クラウド サービスとして提供されるPC管理サービスと、法人向けクライアントOSの最上位エディション「Windows 7 Enterprise」のセキュリティ機能を組み合わせた、企業・団体でのクライアントPC管理とセキュリティ対策を統合的に提供するソリューション。

 同社が自社内設置型のシステム管理ソリューションとして提供している「Microsoft System Center」とセキュリティソリューション「Microsoft Forefront Endpoint Protection」の機能の一部をクラウドを通じて提供することで、迅速な導入と、PC管理にかかる手間やコストの削減を図れる。最大2万台のPCを管理できるため、小規模事業者から大企業まで様々な規模で利用できるほか、遠隔のPCを管理できるため、事業所が分散している組織のPC管理にも適している。

 企業のPCセキュリティ管理に求められる3つのソリューション“更新プログラム管理”“アンチウイルス”“暗号化”が統合的に提供される。インターネットに接続されている、様々な場所にあるPCを管理でき、オフィスに加え、外出先、持ち出しPC、自宅での業務用PCなど、Active Directoryドメイン外のPCも管理できる。

 Windows 7 Enterpriseへのアップグレード権を追加コスト不要で利用でき、OSのバージョンを統一することによる管理コスト削減と、Windows最上位エディションを利用した利便性・セキュリティの両立を図れる。また、サーバの設置・運用・管理が不要なので、迅速に導入でき、サーバの管理などに必要な労力とコストや、習熟にかかっていたコストと時間の削減を図れる。

 保守・管理サービスを提供する事業者によるPC保守管理サービスの提供が可能。事業者は、追加の設備投資不要で、インターネット経由でユーザのIT基盤の状態を監視し、問題の発生を最小化できるため、IT管理者の設置や教育コスト不要でPCを管理できる。

 なお利用料金は、PC1台あたり月額1230円(PC 1台〜249台で契約した場合)で、利用台数に応じたボリュームディスカウントや、教育機関向け、既存のWindows SAユーザ向けの割引ライセンスも提供される。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

「IT資産管理」関連の製品

IT資産統合管理 コア ITAMソリューション 【ギガ+他】 IT資産管理ソフトSS1<System Support best1> 【ディー・オー・エス】 ソフトウェア資産管理ツール「SARMS」 【ARアドバンストテクノロジ】 資産・備品管理システム 「備品マネージャー2」 【フォー・ズィー・コーポレーション 】 EOSL後の延命保守、大型ストレージの場合の注意点と対策 【エスエーティ】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
導入実績1500社以上。PC端末からデータセンターまで、幅広いニーズに応えるIT資産統合管理ソリューション。物の管理と固定資産管理の紐づけを行い、資産管理を効率化する。 IT機器などの最新情報をリアルタイムに把握・可視化し、資産・セキュリティ・ログの管理を効率化する。新機能のソフトウェア資産管理機能でコンプライアンス強化も支援。 ソフトウェア資産管理ツール。台帳登録された情報とIT資産管理ツールで収集したインベントリ情報を突き合わせ、適正なソフトウェア資産管理を実現する。 2次元バーコード付の備品ラベルを使い、資産・備品の登録から、リース資産の管理、棚卸、移管、廃棄までを一貫して管理できる。その他画像管理や簿価リスト出力も可能。 意外と知らない「大型ストレージ」での延命保守の注意点とは?

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20033985


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ