エイムラック、グループウェアの新版でAPI“OpenSocial”に対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


エイムラック、グループウェアの新版でAPI“OpenSocial”に対応


掲載日:2011/04/18


News

 株式会社エイムラックは、オープンソースグループウェアの新版「アイポ6.0」をリリースした。

 「アイポ」は、スケジュール管理やワークフローに加え、Webメールやブログ・SNSの機能も備えている。

 今回の新版では、Googleが開発したソーシャルアプリケーション用API“OpenSocial”に対応した。“OpenSocial”で作られたアプリケーションを「アイポ」にインストールしてすぐに利用でき、「アイポ」本体のカスタマイズが不要。デベロッパーが開発したソーシャルアプリが動作するため、「アイポ」をB to Bサービスのプラットフォームとして利用できる。

 そのほか、ドラッグ&ドロップでアプリ位置を変更できる機能や、ユーザ自身へ通知するアラート機能が追加された。また、システム管理者権限を一般ユーザにも付与できるようになった。インターフェースの一部も刷新された。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「グループウェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「グループウェア」関連情報をランダムに表示しています。

「グループウェア」関連の製品

「desknet's NEO」のASPサービス J-MOTTOグループウェア 【リスモン・ビジネス・ポータル】 Garoon on cybozu.com 【サイボウズ】 intra-mart Accel Platform 【NTTデータ イントラマート】 複数グループウェア・SFA間のスケジュールを同期 「PIMSYNC」 【アプレッソ】 「サイボウズ Office 10」カスタムアプリ機能 【サイボウズ】
グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア
305万人以上のユーザが利用するグループウェア「desknet's NEO」のクラウドサービス版。導入実績4000社以上。メール/スケジュール/ワークフローなど、全25機能が利用可能。 企業内コミュニケーションの活性化を支援するクラウド型グループウェア。ユーザの使いやすさに加え、大規模環境でも臨機応変に対応できる管理性を備えている。 JavaEEフレームワークをベースにワークフロー/ポータル/アクセスセキュリティ/モバイルなど業務コンポーネントを揃えたシステム共通基盤/PaaS。ハイブリッドクラウド対応。 複数のグループウェアやSFAのスケジュールやToDoを同期。同期項目やタイミングなども細かく設定でき、双方向の同期や、繰り返しスケジュールなど高度な同期にも対応する。 表計算ソフトなどで管理しているデータを、中堅・中小企業向けの統合グループウェア 「サイボウズ Office 10」上で、データベースとして活用できる機能。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20033939


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > グループウェア > グループウェアのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ