インテリジェントワークス、Macにも対応した内部統制ツール発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


インテリジェントワークス、Macにも対応した内部統制ツール発売


掲載日:2011/04/18


News

 株式会社インテリジェントワークスは、Macintosh/Windowsクライアントに対応した内部統制ツールで、PC操作ログ収集やUSBメモリのデバイス制御を簡単に行なえる「CWSスモールオフィス2」を発売した。

 「CWSスモールオフィス2」では、ログ監視機能が拡充された。ファイル操作ログやアプリケーション利用ログに加え、Webログ監視もURLまで表示できる。また、Mac 0S X 10.6/Windows 7クライアントに対応したほか、管理サーバとしてMac OS X Server/Windows Server 2008も利用できるようになった。資産管理機能オプションも追加された。デバイス制御機能では、内蔵CDや外部USBメモリなどの詳細制御も可能になり、企業の内部統制ツールとして更に使いやすくなった。

 各PCから収集されたファイル操作ログやWeb操作ログなどを基に、機密事項に関する書類が開かれた場合に管理者に素早く警告を送る“アラート機能”も追加された。これにより、情報漏洩を即座に発見、追跡でき、社内の内部統制をより強固に管理できる。


出荷日・発売日 2011年4月15日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

「IT資産管理」関連の製品

大規模運用でも低コストなDLP対策――パナソニックグループに学ぶIT統合管理 【ハンモック】 IT資産統合管理 コア ITAMソリューション 【ギガ+他】 Windows 10にいつ移行すべき? 今知るべきメリットと旧OSを使い続けるリスク 【日本マイクロソフト】 ソフトウェアライセンス管理「iTAssetEye」 【NTTテクノクロス】 IT資産/セキュリティ統合管理システム ManagementCore 【住友電工システムソリューション】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
大規模運用でも低コストなDLP対策――パナソニックグループに学ぶIT統合管理 導入実績1500社以上。PC端末からデータセンターまで、幅広いニーズに応えるIT資産統合管理ソリューション。物の管理と固定資産管理の紐づけを行い、資産管理を効率化する。 Windows 10にいつ移行すべき? 今知るべきメリットと旧OSを使い続けるリスク 保有、申請、利用、監査の4つのフェーズにおいて、ソフトウェアライセンスの適正な管理機能を提供。違反リスクを低減し、監査業務をサポートする。 資産管理からセキュリティ対策、検疫まで1システムで行える統合管理ツール。
ニーズに応じ段階的な導入が可能。IT資産の把握、監視、統制による健全なシステム環境を実現。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20033937


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ