Hicare Japan、統合型のBIプラットホームの新バージョンを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


Hicare Japan、統合型のBIプラットホームの新バージョンを発売


掲載日:2011/04/15


News

 Hicare Japan株式会社は、国内の各業種の大手企業(金融、通信、流通、自治体など)向けに、伊Hicare Research社が開発したBI(ビジネスインテリジェンス)ツールの新バージョン「Lilith Enterprise6.2」を発売する。

 「Lilith Enterprise」は、データストレージ、優れた計算機能、様々な表現手法を備えた、統合型のBIプラットホームで、複雑なデータ分析業務を支援する。

 “シミュレーション機能”では、一般的なwhat-if分析に加え、それによって導かれた将来予測データと既存の実績データを単一DB内で同列に計算・比較・集計でき、更に結果を再び格納し新たなKPIに基づいた評価を行なえる。“計算機能”では、様々な計算式のためのマクロ定義、自動実行が可能で、計画値と実績値の差分分析計算とグラフは、企業のパフォーマンス分析を支援する。また、“統合された分析基盤”では、単一DB内でデータ操作・計算・シミュレーション・レポーティングが実行されることで、それぞれに個別のツールを使用する場合に比べ、機能面・コスト面での効率化を図れる。

 「Lilith Enterprise」データ分析プロセスは、“データインポート”で、異なる様々なデータソースからデータの取り込みと統合を行なえる。“データ格納”では、多次元データストレージ技術“HCR Technology”を使用する、Hierarchical-Cartesian-Relationalに基づいた高速・強力なデータ操作、分析機能を備えている。

 “集計/計算”では、様々な種類の計算式の格納と実行などを行なえる。“シミュレーション”では、実績値・予測値に基づくシミュレーションを行なえる。“レポート/ダッシュボード”では、高精度なグラフィッククオリティのレポートや図表を実装している。また、“Web配信”では、セキュアなWeb Serverを使用した、ブラウザベースのレポート閲覧、データ操作を実行できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

セルフサービスBI 軽技Web 【富士電機】 その品質管理、「顧客目線」で取り組めていますか? 【SAS Institute Japan】 MicroStrategy 10 【マイクロストラテジー・ジャパン】 多様な分析ニーズに対応、セルフサービス型BIで実現する現場主導のデータ活用 【クリックテック・ジャパン株式会社】 SAS Visual Analytics 【SAS Institute Japan】
BI BI BI BI BI
導入企業900社。社内のデータベースに蓄積された販売管理、生産管理などの業務システムの情報活用から帳票出力まで、セルフサービス型BIツールでデータ分析を促進。 その品質管理、「顧客目線」で取り組めていますか? 強力なエンタープライズ対応アナリティクス、セルフサービスBI、モビリティ、セキュリティを統合プラットフォームでシームレスに提供するエンタープライズBIソリューション 面倒な分析作業のデータの関連付けを不要にする方法を、動画で解説 BIを生かす秘訣は「Microsoft Office」との連携にあり

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20033903


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ