NEC、耐障害性を向上できるファクトリコンピュータを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NEC、耐障害性を向上できるファクトリコンピュータを出荷


掲載日:2011/04/14


News

 日本電気株式会社(NEC)は、CPUに負荷をかけずに3台のHDDに同時にデータを格納する“トリプルミラーリング機能”(購入時にセレクションメニューで選択)を利用することで耐障害性を向上したモデルなど、省スペース型ファクトリコンピュータ「FC98-NXシリーズ FC-E21G」を6月24日より順次出荷する。

 今回出荷される製品は、“トリプルミラーリング機能”に対応し、同機能を搭載するモデルでは、2台のHDDで障害が発生した場合でも残りの1台を使用して稼働を継続できる。また、全モデルで第2世代Core i7プロセッサ(2.10GHz)を採用していて、マルチタスク環境などCPUにかかる負荷が大きい場面でも高い処理能力を利用できる。

 「FC-E21G/S7704Z」などでは、新規開発のミラーリングインターフェースボードを搭載することで、“トリプルミラーリング機能”に対応する。従来モデルで対応していたHDD2台でのミラーリングに比べ、HDD障害に起因するシステム停止リスクの低減を図れる。

 4つのプロセッサコアを集積した第2世代Core i7プロセッサを搭載し、Core 2 DuoプロセッサT7400(2.16GHz)搭載の従来モデルに比べ処理性能が約2.5倍向上している。チップセットにはモバイル インテルHM65 Expressを採用している。

 3つのドライブスロットを搭載していて、2つのスロットにはHDDまたはSSDを、残り1つのスロットにはHDD・SSD・光学系ドライブのいずれかを搭載できる(購入時に選択)。また、PCI Express×4 1スロット、PCIスロット(32ビット/33MHz)2スロットを装備しているほか、USBポートを6ポート(前面2、背面4)搭載、LANは1000BASE-T対応インターフェースを2ポート搭載している。。

 電力交換効率を従来機種から約20%改善した電源ユニットを採用、不要なエネルギー消費を抑えるとともに、発熱を低減することで電源ユニットの長寿命化も図っている。

 OS(Windows 7/XP、未添付)、搭載ストレージ、光学ドライブ、対応機能の違いにより、様々なモデルが用意されている。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

「日本電気」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20033895


IT・IT製品TOP > 仮想化 > その他仮想化関連 > その他仮想化関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ