サンケン電気、別々の給電方式採用の小容量汎用UPS 3機種を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


サンケン電気、別々の給電方式採用の小容量汎用UPS 3機種を出荷


掲載日:2011/04/14


News

 サンケン電気株式会社は、汎用UPS(無停電電源装置)「FULLBACK」シリーズで、用途に応じ、別々の給電方式を採用した小容量の3機種を開発、5月中旬より出荷する。

 今回出荷されるのは、出力容量0.75kVA/525W、バックアップ時間4分の「FULLBACK SXU-Z751」、3kVA/2.1kW、5分の「FULLBACK SMU-HF302-R-200」、3kVA/2.4kW、10分の「FULLBACK SAU-A302」の3機種。

 「FULLBACK SXU-Z751」は、幅100mm×奥行き360mm×高さ265mm/重さ約11kgで、主な用途は、POSレジ、分析機器など。常時商用給電方式ながら、正弦波電圧出力なので、PFC(Power Factor Correction:力率改善)機能付き機器にも使用できる。また、視認性の良いLCDパネル、計測機能(入出力電圧、負荷レベルなど)を搭載している。ファンレスで低騒音化されていて、メンテナンスも不要。RoHS指令準拠など環境に配慮している。

 「FULLBACK SMU-HF302-R-200」は、幅430mm×奥行き660mm×高さ88mm/重さ約33kg。200V入力対応で、主な用途は、サーバ、メインフレームなど。高効率の常時インバータ給電方式“パワーマルチプロセッシング方式”を採用、最大96%の高効率を達成している。縦置き・ラックマウント双方に対応でき、19インチラックへの搭載スペースも削減されている。

 ファンなどの搭載部品は期待寿命10年以上で、バッテリは5年タイプの長寿命バッテリを搭載し、ランニングコストの低減、省エネ・省資源化を図れる。また、自動化システム構築をサポートするインターフェース(シリアル通信、ネットワーク通信)などにオプションで対応でき、様々なユーザ仕様に柔軟に対応できる。今後、1.5kVA、5kVAタイプもラインアップ化される予定。

 「FULLBACK SAU-A302」は、幅176mm×奥行き530mm×高さ479mm(キャスター49含む)/約58kgで、主な用途は、放送設備、通信設備、病院医事、ETCなど。動作音は40dB(静かな夜の住宅街レベル)で、見やすい液晶パネルを備え、操作、UPSや電源の状態チェックも容易に行なえる。設置は据置き、ラックマウント双方に対応する。

 メンテナンスバイパスユニットを標準装備していて、負荷機器を停止させずに、メンテナンスできる。ファンを含め、長寿命部品を採用している。バッテリにオプションで10年以上の寿命品を搭載することで、10年間メンテナンス不要になる。今後、2kVA、5kVAタイプもラインアップ化される予定。


出荷日・発売日 2011年5月中旬 出荷
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20033894


IT・IT製品TOP > サーバー > UPS > UPSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ