レノボ、12.5インチHD液晶搭載タブレット型ノートブックPCを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


レノボ、12.5インチHD液晶搭載タブレット型ノートブックPCを発売


掲載日:2011/04/13


News

 レノボ・ジャパン株式会社(レノボ)は、「ThinkPad X220」のタブレット型新製品「ThinkPad X220 Tablet」を発売した。

 「ThinkPad X220 Tablet」は、LEDバックライト付12.5インチマルチ・タッチHD TFT液晶(1366×768ドット)を搭載していて、最薄部厚さ27.0mm、重さ1.66kg(標準の3セルバッテリ搭載時)のタブレット型ノートPC。高感度のタッチ機能、新型Core iシリーズプロセッサ、Lenovo Enhanced Experience 2.0 for Windows 7といったテクノロジーを搭載している。

 Core i5-2520Mプロセッサを搭載、オプションでCore i7-2620M、Core i3-2310Mも選択できる。モバイル インテルQM67 Expressチップセットを採用していて、最大8GBのDDR3メモリ、最大320GBのHDDを搭載できる。OSにはWindows 7 Professional正規版(32ビット)を搭載している。高感度のタッチ機能を搭載しているほか、オプションでペン機能も追加できる。新しい「SimpleTap 2.0」アプリケーションでは、ハードウェアベースのコントロールもタッチスクリーン上で行なえる。また、好みのアプリケーションを「SimpleTap」上に保存でき、より簡単にアクセスできる。ディスプレイには反射防止加工が施され、IPS方式を採用することで、視認性が向上している。

 「ThinkPad X220」と同じデザインのキーボードを採用している。磁石を使用したラッチレス構造を採用、クリック機能も一体になったタッチパッド(クリックパッド)を搭載している。更に、カバー内部のフック部分をなくすことで、突起物やフック穴がなくなり、更にWi-Fiのアンテナをより良い場所に配置可能になったため、通信機能の安定性も向上している。

 “Lenovo RapidBoot Technology”が組み込まれた「Enhanced Experience 2.0」に対応していて、より早い起動時間/シャットダウンを行なえる。更に、オプションでSSDの追加を選択することで、アプリケーションを高速起動できる“Lenovo RapidDrive SSD Technology”に対応する。また、新しい省電力マネージャを搭載、電気消費量の削減を支援する“ピークシフト機能”が搭載されている。バッテリからPCを駆動するか、ACアダプタからPCを駆動するかをスケジュール設定でき、電力消費量がピークに達する時間帯の電気の使用を自動的に回避できる。


出荷日・発売日 2011年4月12日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20033871


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > タブレット > タブレットのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ