Kaspersky、震災でライセンスを消失したユーザへ無償で再発行

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


Kaspersky、震災でライセンスを消失したユーザへ無償で再発行


掲載日:2011/04/13


News

 株式会社Kaspersky Labs Japanは、東日本大震災の被害でライセンスを消失したユーザに対し、無償でライセンスを再発行する。

 今回の無償再発行は、同社のすべての法人・個人向け製品を対象に行なわれる。法人向け製品では、今回の震災でライセンス情報とキーファイルを紛失した企業ユーザへ再発行が行なわれる。希望する場合は、購入したパートナー企業へ連絡するか、同社へ問い合わせる。

 個人向け製品では、ユーザ登録住所が災害救助法適用市町村であるユーザへ再発行が行なわれる。問い合わせ先は同社Webサイトとなっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 無償

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「アンチウイルス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アンチウイルス」関連情報をランダムに表示しています。

「アンチウイルス」関連の製品

機械学習やAPIで強化された「エンドポイントセキュリティ」の現在形とは 【シマンテック】 「ランサムウェア」基礎解説:サイバー犯罪者の手口から有効な対策を探る 【トレンドマイクロ】 ディフェンスプラットフォーム(DeP) 【ハミングヘッズ】 エフセキュア モバイル セキュリティ ビジネス 【ソフトバンク コマース&サービス】 Symantec Endpoint Protection Small Business Edition 2013 【ソフトバンク コマース&サービス】
アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス
あらゆる企業がサイバー攻撃の標的となる中、情報漏えいなどの実害を防ぐためには、従業員の手元にあるエンドポイントの保護が重要になるという。その理由と対策とは。 「ランサムウェア」基礎解説:サイバー犯罪者の手口から有効な対策を探る APIの利用を常時監視してウイルスを検出・隔離する割込み型迎撃方式のウイルス対策ソフト。APIの利用内容でウイルスか否かを識別するため未知のウイルスも捕捉できる。 1988年から30年近くITセキュリティソリューションを世界中に提供しているエフセキュアのモバイルセキュリティ。既に10年以上の実績を持つパイオニア的存在。 クラウド型の管理機能によって、全てのデスクトップ、ノートパソコン、サーバに必要な保護を容易に導入・運用可能なエンドポイントセキュリティ。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20033853


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ