OCH、EDL、MNTの3社、震災対応の学校情報基盤システムの準備提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


OCH、EDL、MNTの3社、震災対応の学校情報基盤システムの準備提供


掲載日:2011/04/13


News

 沖縄クロス・ヘッド株式会社(OCH)、株式会社エデュケーションデザインラボ(EDL)、株式会社マンタ(MNT)の3社は、国内すべての学校での情報化推進をバックアップするため“学校の情報化緊急推進キャンペーン「リンク!スクールICT」”を立ち上げ、迅速・確実な導入サポートを行なう「NetCommons搭載済みサーバ及びその運用管理サポート(SaaS for NetCommons)」「学校用テンプレート2種の無償設定」「メール配信サービス」をセットにし、2012年3月末まで学校に無償提供する。

 OCHは、同時被災リスクの回避といった観点で、信頼係数の高い環境と、ハードや通信環境といった様々なシステム運用監視面で、利用者の負荷軽減を図る。EDLは、テンプレートの設定と利用者のニーズに応じた柔軟な設定や運用を提案することでシステムカスタマイズ不要で希望に対応する。また、MNTは、メール配信システムの早期導入支援として、システムの提供と初期登録に協力する。

 今回のキャンペーンは、学校教育法に規定される、国立学校、公立学校、私立学校で、学校の情報化に際してSaaS型NetCommonsで情報共有基盤の緊急導入を行なうユーザに限定される。また、同キャンペーンの趣旨に賛同する学校関係者が学校のために利用する場合にも適用される。

 申込期間は8月31日までで、キャンペーン期間中に申し込んだ学校法人は、NetCommons搭載レンタルサーバの無償貸出などを希望に応じて利用できる。キャンペーンでは、NetCommons搭載レンタルサーバ(SaaS for NetCommons・共用サーバプラン)が2012年3月末まで無償貸出され、NetCommonsがあらかじめインストールされたサーバの保守とシステムのバージョンアップ、トラブル対応、セキュリティ、ネットワーク保守など、専属SEがサイトをサポートする。なお、オプションサービスを利用する場合は、キャンペーン期間中でも別途費用が必要になる。

 あらかじめEDLが基本メニューとページ内のモジュール(機能)を構築、設定するサービス「学校テンプレート」が無償で設置後、提供される。「学校テンプレート」を利用することで、インストール直後のNetCommonsから導入する場合に比べ、構築時間の短縮を図れる。現在既に運用している学校Webサイトからの移行については別途相談になる。また、メール配信サービス「Webスクールiネット」が、2012年3月末まで無償で提供される。


出荷日・発売日 −−−
価格 無償

関連キーワード

「沖縄クロス・ヘッド」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他情報システム関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他情報システム関連」関連情報をランダムに表示しています。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20033848


IT・IT製品TOP > 情報システム > その他情報システム関連 > その他情報システム関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ