Wi2、被災地または避難生活の場所向けに無線LAN APを無償提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


Wi2、被災地または避難生活の場所向けに無線LAN APを無償提供


掲載日:2011/04/13


News

 株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレス(Wi2)は、東日本大震災の被災地または避難生活の場所で、無線LANアクセスポイント(AP)の設置とインターネット回線の開放を行なえるボランティアの個人や組織向けに、無線LAN AP 100台を無償で提供する。

 今回提供されるのは、バッファロー社の「FS-HP-G300N」またはほかの無線LAN AP。原則1申し込みにつき1台が無償提供される。申し込み期間は6月30日までで、終了時期については状況により検討される。申し込み条件は、被災地区または避難生活の場所でインターネット回線と無線LAN APに必要な電源を用意できること、無線LAN APを設置・設定できること、無線LANでのインターネット環境を無料で提供できること、となっている。

 なお、支援パートナーとして避難所支援サイトと連携し、避難所インターネット環境の情報提供・収集が行なわれる。


出荷日・発売日 −−−
価格 無償

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「無線LAN」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「無線LAN」関連情報をランダムに表示しています。

「無線LAN」関連の製品

山小屋にも快適な通信環境を――「富士山 Wi-Fi」実現の舞台裏 【KDDI】 最適なアクセスポイントに常時接続、IEEE 802.11acも徹底活用できる無線LAN運用 【日立システムズ+他】 実践から見えてきた、ワークスタイル変革に本当に必要なこと 【日立システムズ+他】 製造業でIoT戦略がある企業は約3割? 気になる競合動向を調査 【SAS Institute Japan】 「無線LANアクセスポイント」の法人モデルは家庭用と何が違うのか? 【KDDI】
無線LAN 無線LAN 無線LAN 無線LAN 無線LAN
山小屋にも快適な通信環境を――「富士山 Wi-Fi」実現の舞台裏 最適なアクセスポイントに常時接続、IEEE 802.11acも徹底活用できる無線LAN運用 IT製品を買うだけで「ワークスタイル変革」が実現するのではない。しかし、働き方全体のデザインを考えると、おのずと必要なものが見えてくるという。その真意を取材した。 製造業でIoT戦略がある企業は約3割? 気になる競合動向を調査 「無線LANアクセスポイント」の法人モデルは家庭用と何が違うのか?

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20033846


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > 無線LAN > 無線LANのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ