VJCなど、簡単に業務データを分析できるクラウドサービスを開始

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


VJCなど、簡単に業務データを分析できるクラウドサービスを開始


掲載日:2011/04/12


News

 ヴィンキュラム ジャパン株式会社(VJC)は、日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)の協力のもと、中堅企業向けに、業種・業態別のテンプレートを提供することで、簡単に業務データを分析できるクラウドサービス「Hybrid ANALYZER」を開始する。

 「Hybrid ANALYZER」は、業務データとの連携方法から、データの最適化や集計データの管理、テンプレートによる情報分析、セキュリティ認証と制限などまで、一貫したサービスを提供する。

 流通業向けのサービスでは、例えば、各店舗のPOSデータをリアルタイムに集計し“流通業向けテンプレート”を活用して分析することで、全店舗の時間帯別売上げの速報を取得でき、各店舗に対して適切な指示を迅速に出すことができる。また、認証権限に応じて、表示するデータやグラフを制限できるため、店舗ごとの時間帯別売上速報も共有できる。

 クラウド基盤には、IBMのグローバルに統合化されたパブリック・サービス基盤を採用している。同基盤は、IBMが世界各国に配置したグローバル共通の基盤であり、米国のメイン・センタで一元的に管理・運営されている。この基盤を活用することで、VJCは、コンプライアンスやパフォーマンスの観点で、仮想サーバごとに適切なデータセンタ拠点を選択でき、世界中のどこでも均一のサービスを提供できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

「ヴィンキュラム ジャパン」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

DWHとは異なる「ガバナンスを効かせたデータ基盤」とはどのようなものか? 【日本アイ・ビー・エム】 MicroStrategy 10 【マイクロストラテジー・ジャパン】 ナレッジ共有型BIツール「Data Knowledge」 【クロスユーアイエス】 10分で分かる「データレイクの作り方」 データマートと何が違う? 【日本アイ・ビーエム】 SAS Visual Analytics 【SAS Institute Japan】
BI BI BI BI BI
DWHとは異なる「ガバナンスを効かせたデータ基盤」とはどのようなものか? 強力なエンタープライズ対応アナリティクス、セルフサービスBI、モビリティ、セキュリティを統合プラットフォームでシームレスに提供するエンタープライズBIソリューション 簡単操作でDBからデータを抽出し、集計・加工・出力処理できる「全社員のデータ活用を実現するため」のBIツール。ナレッジ/情報共有機能など、現場で役立つ機能を搭載。 10分で分かる「データレイクの作り方」 データマートと何が違う? BIを生かす秘訣は「Microsoft Office」との連携にあり

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20033841


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ