KSK、モバイルサイト変換ミドルウェアをAndroidに対応させ出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


KSK、モバイルサイト変換ミドルウェアをAndroidに対応させ出荷


掲載日:2011/04/11


News

 株式会社KSKは、様々なモバイル端末からのアクセスに対応し、ワンソースマルチデバイスを実現するモバイルサイト変換ミドルウェアをバージョンアップ、Android向け最適化表示に対応した「x-Servlet Version 2.9」を4月14日より出荷する。

 今回のバージョンアップでは、Android OSを搭載したスマートフォンに対して、iモード向けサイトを変換元コンテンツにしてワンソース管理が行なえる。画面サイズにフィットした表示、テキストリンクやフォントサイズの拡大表示、絵文字表示、位置情報の送信など、操作性アップや表示の最適化を図れ、iPhoneとAndroidのスマートフォン向けに既存資産を活用できる。

 従来の携帯電話に加え、スマートフォンのWebアクセスを受け入れることを考慮して、セッションのセキュリティ強化が行なわれた。キャリアゲートウェイのIPアドレス帯域制限をスマートフォン向けに解除しても、一定のセキュリティレベルを保てる。「x-Servlet」が発行するセッションIDをワンタイム化(リクエストごとに再発行)することで、セキュリティレベルを向上できるほか、適用個所を柔軟に設定できるため、ユーザビリティの低下をコントロールしながらセキュリティレベルとのバランスを考えたサービス運用を行なえる。

 また、設計時からセキュリティ向上全般について、HASHコンサルティング株式会社のセキュリティコンサルティングを受けていて、今後の新たな脅威に対しても継続的に支援を受ける予定。


出荷日・発売日 2011年4月14日 出荷
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20033824


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > スマートフォン > スマートフォンのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ