NRI、ITを活用した2つの復興支援ソリューションを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NRI、ITを活用した2つの復興支援ソリューションを提供


掲載日:2011/04/11


News

 株式会社野村総合研究所(NRI)は、「被災地の声 分析レポート」と「被災者と支援者をつなぐフィードバックメッセージ活用システム」の2つのソリューションを4月14日(予定)より順次提供する。

 「被災地の声 分析レポート」は、インターネット上で提供され、自治体やボランティア団体などで支援物資を振り分ける際の判断や、支援物資を発送する際に、広範囲な被災地に対して、今どこで何の物資が求められているかを、ピンポイントで把握できる。ソーシャルメディア「Twitter」のデータを活用し、ほぼリアルタイムで支援要請に関わる情報を集計・分析、レポートを作成・公表する。分析レポートでは、被災地から発信される支援要請内容を市町村単位に割り出して提示できるため、今、被災地で何が求められているかを直ちに把握できる。

 ブラウザIE6.0以上のみに対応しているほか、分析レポートの参照には、ActiveXのインストールが必要になる。なお、Twitterデータの集計・分析には、日本語処理解析(テキストマイニング)技術“TRUE TELLER”を活用している。

 今後は各自治体やボランティア団体・善意の方の要望などの意見を取り入れて、支援要請の情報以外にも、震災復興に関わる有用な情報をソーシャルメディア情報などからリアルタイムで取得し、分析・公表していく予定。

 「被災者と支援者をつなぐフィードバックメッセージ活用システム」は、被災地での生活用品の不足のニーズと、被災者を支援する企業や団体の意向をつなぐため、支援物資を箱単位で管理して、支援者からのフィードバックメッセージを届ける情報システム。企業や団体が提供する支援物資について、内容や最終の行き先を、箱に貼ったフィードバック用のラベルのQRコードを活用して、現地から届く反応などを“箱”(ダンボール箱相当を想定)単位で集計・配信するシステムを提供する。NRIが、Webサイトを構築する。

 同システムを通して、どこに届いたのか、どんな人の役にたったのかといった、現地からの反応を支援者が得られることで、より支援の輪が広がることを図る。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ソーシャルメディア分析」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ソーシャルメディア分析」関連情報をランダムに表示しています。

「ソーシャルメディア分析」関連の製品

経験価値という感動を拡散したくなるSNSプロモーション術 【テックリンク】
ソーシャルメディア分析
顧客に「拡散」をさせるには? SNSプロモーション、徹底攻略!

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20033819


IT・IT製品TOP > データ分析 > ソーシャルメディア分析 > ソーシャルメディア分析のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ