コヴィア、IP電話サービスで公私分計が可能なサービスを開始

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


コヴィア、IP電話サービスで公私分計が可能なサービスを開始


掲載日:2011/04/08


News

 株式会社コヴィア・ネットワークス(コヴィア)は、携帯電話から発信する際に番号を付加することで、公私の通話料金を使い分けられるなどの機能を備えた「FleaRoute」サービスを、IP電話サービス「FleaLine Light」の標準サービスとして開始した。

 「FleaLine Light」では、発着信のルートを自由に設定変更することで、IP電話機能の使用できない携帯電話や、IP接続が不可能(3GやWi-Fi圏外)な状態で、IP電話網への接続を行なえる。

 「FleaRoute」サービスは、転送機能を利用した「FleaLine Light」の付加サービスで、発信時に“0037-67”を付加することで、公私の通話料金を使い分けられ、業務利用分を自動的に会社に請求できるほか、FleaLine-IP電話番号(050番号)を発信者番号として先方に通知できる。1台の携帯電話で、私用電話、業務用電話の番号を使い分けられるため、企業は貸与している携帯電話の基本料金が不要になり、社員は私用と業務用の2台の携帯電話を持ち歩くことが不要になる。また、社員個人の私用携帯電話に対して業務での通話料金を会社が負担している場合には、煩雑な精算作業も不要になる。

 これらにより、業務使用の携帯電話でのコスト削減、業務の効率化を図れるとともに、相手方にプライベートな携帯電話番号を通知せずに利用できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20033805


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > 携帯電話 > 携帯電話のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ