SolidWorks、テクニカルコミュニケーションツールの新版を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SolidWorks、テクニカルコミュニケーションツールの新版を発売


掲載日:2011/04/08


News

 ソリッドワークス・ジャパン株式会社(SolidWorks)は、3次元CADデータを活用したテクニカルコミュニケーションツールの新バージョン「3DVIA Composer V6R2011x」を発売した。

 今回の新バージョンでは、アルファチャネルをサポートした。背景透過なラスター画像を生成できるようになり、より高品質で使いやすい画像を生成できる。また、アンビエントオクルージョンとピクセル単位のライティングが可能になった。より精密な光と影の表現をクリック操作で表示でき、簡単に高品質な3次元コンテンツを作成できる。更に、フィールド深さ(ぼかし)にも対応した。指定した焦点から離れた個所をぼかし、単なる3次元ツールでは困難な3D描画を再現できる。

 ベクター出力でのシルエット作成が可能になった。モデルのシルエット線でアウトラインを生成するなど、テクニカルイラストで扱いやすいベクター画像を作成できる。また、カスタムホットスポットとカスタムコンパスにも対応した。3次元CADのファイル階層構造にとらわれず、テクニカルコミュニケーションコンテンツ独自に部品をグループ化できる。カスタムコンパスと組み合わせることで、現在見ているモデルの方向や位置などを的確に把握できる、分かりやすいコンテンツを作成できる。更に、関連付けが切れたアクターの選択も可能になった。例えば設計変更が頻繁に発生した場合に、関連付けが切れた注記などのアクターを一括選択し、削除できるため、コンテンツのメンテナンス時間短縮を図れる。

 イラスト編集ツールで読み込むためのベクターEPSデータ出力もサポートされ、ベクター画像の用途を更に広げられる。


出荷日・発売日 2011年4月1日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「CAD」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CAD」関連情報をランダムに表示しています。

「CAD」関連の製品

3次元CAD「SOLIDWORKS」 【NEC】
CAD
豊富な2次元/3次元設計機能を備え、直感的な操作と高パフォーマンスを実現した3次元CAD。価格と機能のバランスの取れたミッドレンジ製品であり、国内トップシェアを誇る。

「PCソフト」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20033794


IT・IT製品TOP > PCソフト > CAD > CADのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ