NRIセキュア、電子ファイル交換サービスに“承認機能”等を追加

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NRIセキュア、電子ファイル交換サービスに“承認機能”等を追加


掲載日:2011/04/07


News

 NRIセキュアテクノロジーズ株式会社(NRIセキュア)は、インターネットを介して安全に電子ファイルの交換を行なうサービス「クリプト便」の機能を強化し、内部情報漏洩対策として、ファイル送信を事前に上長が承認したり、送信後に確認したりする“承認機能”と、SAMLを使用して他システムと認証を連携する“認証連携機能”を、オプションとして追加する。同時に、組織変更や人事異動などの組織情報を一括して変更できる“組織一括変更機能”を標準機能として提供する。

 今回追加される“承認機能”では、電子ファイルの送信時に、組織の上長が、機密性レベルや誤送信でないことを確認し、承認しないと送信されない“上長承認”と、送信後に上長が情報漏洩につながるような個人アドレスを含んだ外部送信がなかったかを確認する“事後確認”を利用できる。組織間で異なるセキュリティレベルに応じて、内部情報漏洩を防止する機能の導入を、部署やグループごとに選択できるため、企業は誤送信・情報漏洩対策を、より包括的・柔軟なセキュリティポリシーで運用できる。

 “認証連携機能”では、セキュリティレベルの高いSAMLを使用して、認証連携を行なうことで、既にシングルサインオンを導入している企業の社員は、IDとパスワードをインターネットの画面上で入力せずに、安全にログインできる。利用者はIDとパスワードを管理する煩わしさを回避でき、システム管理者も問い合わせや変更作業の削減を図れる。

 “組織一括変更機能”では、人事異動などの際に必要なIDの追加・削除やアクセス権限の変更を、必要な情報を一定の書式にまとめることで、簡単に「クリプト便」に反映させられ、管理者の手間を省力化できる。

 なお「クリプト便」サービスの価格は、最小構成で初期費用が2万円、10ユーザで月額2万円からで、“承認機能”“認証連携機能”は、それぞれ初期費用と、利用者数に応じた月額料金が発生する。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

知っていますか認証プロトコルの違い? 4種類の特徴と用途 【日本マイクロソフト】 RADIUSアプライアンスサーバ シリーズ 【インフィニコ】 FutureNet RA-1200/RA-730 【センチュリー・システムズ】 AXIOLE 【ネットスプリング】 “情報漏洩体質”と今こそ決別する「データセキュリティ4カ条」 【KDDI】
認証 認証 認証 認証 認証
知っていますか認証プロトコルの違い? 4種類の特徴と用途 Made in JAPANの省電力RADIUSアプライアンスサーバ。シリーズ全製品が異拠点間での冗長構成が可能。多様な認証方式、IPv6に対応。外部AD連携機能標準搭載モデルも用意。 大規模なIP-VPNサービスのRADIUS認証サーバとして利用でき、IEEE802.1X認証にも対応。冗長化構成もサポートした純国産のサーバアプライアンス。 LDAP、RADIUS認証プロトコルに対応し、最大2万5000アカウントまでサポートする、ローカルとクラウドの認証を一元化できるアプライアンスサーバ。 情報漏えい対策、内部の対策は後回し? ――データセキュリティの鉄則と秘策

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20033781


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ