キヤノンMJ、被災地域の企業へWeb会議システムを無償提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


キヤノンMJ、被災地域の企業へWeb会議システムを無償提供


掲載日:2011/04/06


News

 キヤノンマーケティングジャパン株式会社(キヤノンMJ)は、東日本大震災からの復興を支援するため、被災地域の企業に対しWeb会議システム「IC3(アイシーキューブ)月額利用サービス」を無償提供する。

 「IC3 月額利用サービス」は、PCとインターネット環境、Webカメラ、音声機器(マイクまたはヘッドセット)があれば利用できるASP方式のテレビ会議システム。

 今回の無償提供の対象企業は、宮城県・岩手県・福島県・長野県・新潟県・青森県・茨城県・栃木県・千葉県で災害救助法が適用された市町村に事業所を有する企業。利用期間は5月31日までで、今後の状況により期限を延長する可能性がある。なお、できるだけ多くの企業が利用できるよう、1企業あたり同時接続2ライセンスまで、1対1の利用に限られる。


出荷日・発売日 −−−
価格 無償

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「Web会議」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「Web会議」関連情報をランダムに表示しています。

「Web会議」関連の製品

IC3(アイシーキューブ) 【キヤノンITソリューションズ】 Revolabs USBスピーカーフォン「FLX UC 500」 【ヤマハ】 RICOH Unified Communication System 【リコー】 クラウド型Web会議サービス V-CUBE ミーティング 【ブイキューブ】 遠隔会議用スピーカーフォン「YVC-300」 【ヤマハ】
Web会議 Web会議 Web会議 Web会議 Web会議
社内普及しやすいWeb会議システム
●優れた音声品質
●操作が簡単
●狭帯域に強い
●設定・管理が簡単
6人程度の中規模Web会議に最適。話者に負担の少ない高性能マイクと高音質スピーカーで快適な遠隔コミュニケーションが可能。 「簡単」「クラウド」「ポータブル」。いつでもどこでもつながるテレビ会議・Web会議!会議室だけでなく現場や外出先など利用シーンに合わせて選べるラインナップ! 次世代の映像伝送技術(H.264/SVC)の採用で、拠点ごとに異なるインターネット接続環境でも各ネットワーク帯域に合わせて自動で映像・音声が最適化できるWeb会議サービス。 高性能の適応型エコーキャンセラーを始め、ヤマハが長年培ってきた音声処理技術を数多く搭載。音声とノイズをしっかり仕分けし、スマートフォンの電話利用時にも使える。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20033755


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > Web会議 > Web会議のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ